見渡しが悪い






これだけ言われてることと 現実に起きる結果が違っていると、 私たちが よっぽど見えない空間にいるんだなと ちくづく思う。
   
  物事が 言われている事や考えている事には依らず、事物の客観的な関係によって生起するのは 自然の道理。

     TPP・世界的なトランプ現象・経済成長・テロとの戦い・アベノミクス‥など 国の内外に起きている現象が 為政者やそれを宣伝するかのようなマスコミ報道、それを受けた巷の「うわさ」 とは あまりに違い過ぎる。

    「言葉」そのものに間違いは無いのだが、 社会的な意味での真偽は 立場や観測するスパンによって異なる。

       思いがけないことがこれほど多く目にするのは 情報空間が現実からかけ離れているからではないか。

        それにしても 世界を知り生きていくために欠かせない重要な事が 事実と違って報道したり、報道されないままになっているものが多過ぎる と思う。
    
         人は見渡しの良さを望むのに、実際は 見渡しの悪いところで蓋されてる感じ。

     
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
«  「戦争」の... 個の意味が問... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL