見直すべきは




世界の行き詰まりは それを招いた社会の内部抗争による社会的共食いや共倒れによって乗り越えられるのは 論理的には在りうる。

    大統領選やシリアの空爆もパリ協定の実行のような役割を果たしてほしいものだ。いずれにせよ 先ずは自然と人や社会の関係を一元的に見直すことだろう。

     これは 誰もが可能だが 今は個人も原風景であるかのように蓋され外せない。 

     しかし 世界が一元的に観察されつつあるのは 心強い変化である。

     


     

   

    

   

    

   

    
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
«  「必然的な... どうせ 仮装 »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。