国家戦略会議

国家戦略会議が動いていないように報じられているが、それでいい
 国家戦略会議[含む、中長期経済対策]がバタバタやったのでは全てこじれるだけ
 真面目に考えたら人選そのものが難しいいだろうと思う。
 小泉政権の財政諮問会議や審議会的なものならすぐ作れるだろうが、それが失敗した後の国内外の総合的な新しい戦略と成れば、先ず人材が揃うかどうか?そもそも選択する人たちは 
選択の基準すら見出せないでいるのではないか
 与野党や、専門家は立場の如何を問わず、これまでの政治文化の真っ只中で行動し、そこで社会的権威を得た人達だから、 政治文化の外へ出て己を見直すことは一般人より難しいはずである。
 しかし、社会にはそう言う権威者を登用するシステムしかない。
 結局、権威者を変えるため一般人が(ハダカの王様の少年)のように、ありのままを口にすればいいのだが‥ 我々もありのままを言うのは難しい
 地球上は朝から満までどこへ行っても権力と権威者によって作られたマスメディアの情報が雨あられと降り注ぐ中に身を置いて、情報の鎧をまとわざる得ないのだから

だから こうして磨くよりない‥
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 「成長戦略」 日記を書きながら »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL