通底する基礎基本



相手への思いやりや想像力を欠いていては 意志の疎通(コミュニケーション)は個人と個人の人間関係と同様 組織と組織 国と国 の関係でも巧かないだろう。
  その点から考えると国会の議論も国際関係も 思いやりや想像力を欠いていると言えないか。

   実際に 高学歴やエリートと思いやりは 相関関係がないどころか 逆になる可能性の方が高いかもしれない。

    思いやりや想像力の能力を欠いていては 平和主義も民主主義も基本的人権も お題目にしかならない。
    
    そうなってはいないだろうか?  敵と味方の関係で何が生まれる? どの分野のどの時点においても 通底する教育の基礎基本だと思う。


 
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 私は ここで... 順調 »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL