童話と絵本の会

楽しい童話や絵本を集めています。気にいった童話や絵本があればお知らせください。

童話と絵本の会 2015.11.26 忘れても 好きだよおばあちゃん!

2015-11-26 22:18:04 | ワ行の絵本
2015年11月26日(木)曇り11℃ 79%RH am7:00
童話と絵本の会の準備をしています。 お気に入りの童話や絵本があれば教えてください。

今日の絵本
_忘れても 好きだよおばあちゃん! 
__ダグマー・H・ミュラー 作 フェレーナ・バウハウス 絵 ささきたづこ 訳 
__2006 ㈱あかね書房 
__鶴舞図書館蔵書 

わたしは、おばあちゃんが大好き。
おばあちゃんは、としをとってきたので、こんどいっしょに住む
ことになりました。
わたしは、おばあちゃんがうちにきて、うれしいと思いました。
でもおばあちゃんは、なにかいっても、すぐ忘れてしまいます。
するとパパが、うちのおばあちゃんは、よそのおばあちゃんと、
ちょっとちがうんだよ、と教えてくれました。

どうちがうのかというと、おばあちゃんは、病気なのです。
病気の名前は、アルツハイマー病といいます。
アロイーズ・アルツハイマーというお医者さんが発見したので、
そのお医者さんの名前が、ついているのです。
でも、アルツハイマーというお医者さんがこの病気を見つけてく
れて、よかったと思います。となりに住んでいるモーリッツが、
うちのおばあちゃんのことを「変わっているね。」といったとき、「ア
ルツハイマー病だからよ。」と、いいかえせたからです。
ときどきおばあちゃんは、まわりをびっくりさせるようなこと
をやります。それは、病気のせいなんです。モーリッツにも、そう
教えてあげました。

きのう、ともだちのジーニアが、遊びにきました。
ジーニアのうちには、おばあちゃんがいないので、わたしのおば
あちゃんに会ってみたいといったのです。
ジーニアが玄関でベルをならすと、居間にいたおばあちゃんは、
びっくりしたようにいいました。
「あら、おじいちゃんが、帰ってきたよ!」
おばあちゃんは、ずっと昔のクリスマスに、おじいちゃんがサン
タクロースのかっこうで、玄関のベルをならしたときのことを思い
だしたらしいのです。
でも、おじいちゃんは、とっくになくなっています。
わたしは、いそいでいいました。
「ちがうよ、おばあちゃん。ともだちのジーニアがきたの。」
おばあちゃんは、にっこり笑って、うなずきました。
「そうかい、そうかい。よかったね。」

ジーニアはおばちゃんに「こんにちは。」と、あいさつしました。
おばあちゃんが、にこにこしているので、ジーニアはわたしに、
こっそりいいました。
「おばあちゃんは、病気みたいに見えないわ。」
そのとおり。
アルツハイマー病って、見ただけではわからないのです。高い熱
もでないし、ねていなければならないこともありません。
おばあちゃんはたいてい、2階の部屋から外をながめています。
でも、庭仕事が好きなので、庭の草とりをすることもあります。
そうすると、ママはよろこんで、おばあちゃんに「ありがとう。」
といいます。

おばあちゃんは、ほんとうにいろんなことをやってきたんだ、と
わたしは思いました。
でも、どうして、こんな楽しいことまで、ぜんぶ忘れてしまうんでしょう。
すると、ママがいいました。
「病気のせいなの。おばあちゃんの頭には、秋がきたのね。この木
についている絵は、風にふかれた木の葉みたいに、1枚1枚ちって
しまうのよ。」
絵がぜんぶちってしまったら、いったいどうなるでしょう。
「いちどにぜんぶちってしまうんじゃないのよ。根っこのほうの
葉は、上の葉よりも、しっかりついているの。」
「それで、子どものときのことを、よくおぼえているの?」
わたしがいうと、ママはうなずきました。
「そう。あたらしくおぼえたことから、忘れていくのよ。」
「だから、5分まえにいったことは、おぼえてないのね。」
ママはまた、うなずきました。

おばあちゃんは、いろんなことを忘れていきますが、ひとりでで
きることも、まだたくさんあるのです。けれど、まわりの人はいそ
がしいので、そんなおばあちゃんにいらいらすることがあります。
もし、みんながもっとゆっくりできたら、おばあちゃんのような
人にやさしくしてあげられるのに。
アルツハイマー病は、めずらしい病気ではなくて、としをとったら、
だれだって、そうなるかもしれないんですって。
おばあちゃんと絵本を見るのは、とても楽しいです。パパなら、
すぐページをめくってしまうけれど、おばあちゃんはそんなことは
しません。
おばあちゃんは、どの絵もゆっくりながめます。 おばあちゃんに
は時間がたくさんあるので、ちっともいそがないのです。
「おばあちゃん。このワンちゃん、かわいいね-。」
「どれ、どれ。ああ、ほんとにかわいいね-。」
おばあちゃんはそういって、わたしをだきしめ、ゆっくりと絵を
ながめます。
わたしは、おばあちゃんが大好だいすき!
の絵が好きです。
 
御器所教会  ここをクリックすると、きよらかなパイプオルガンの音とともに、キレイなホームページが開きます。
ぜひご訪問ください。

   
御来訪ありがとうございます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

童話と絵本の会 2015.11.14 ライオンとねずみ イッソップ寓話より

2015-11-15 00:34:51 | ラ行の絵本


2015年11月14日(土)雨 18℃ 64%RH am7:00
童話と絵本の会の準備をしています。 お気に入りの童話や絵本があれば教えてください。

今日の絵本
_ライオンとねずみ  イソップ寓話の再話
__バーナーデッド・ワッツ 再話・絵 ささきたづこ 訳 
__2001 株式会社講談社 
__鶴舞図書館蔵書  

ここは いちねんじゅう あつい くにです。おとうさんライオンと
おかあさんライオンは、こかげで ひるねを して います。
こどもたちは、ちかくで げんきに あそんで いました。
そのうちに おひさまが じりじり てりつけるので、こどもたちも
ひるねを する ことに しました。1ぴきの こどもライオンが、
「ねえ、もっと あそぼうよ。」
と いいましたが、みんなは こかげに いって しまいました。

やがて、もっと あつく なって きました。
のこって あそんで いた こどもライオンも やっぱり
ひるねが したく なりました。
そこで、すずしい こかげへ いくと、
ぐっすり ねむって しまいました。

とつぜん、ねずみが ジャングルから とびだして きて、ねむって いる
こどもライオン の まえあしに うっかり とびのって しまいました。
こどもライオンは すぐに めを さまして、うなりごえを あげました。
おどろいた ねずみは おそろしくて うごけません。

こどもライオンが よく みると、そこに いるのは ちっぽけな
ねずみだったのです。
こどもライオンは うなるのを やめて いいました。
「なんだ、ちびねずみじゃ ないか。なにも しや しないから、
どこへでも さっさと はしって おいきよ。」
ねずみは ほっとして、うしろへ さがりながら いいました。
「おこして しまって、すみません。もし わたしの たすけが いる
ときには、いつでも よんで ください。すぐに やって きますから。」

こどもライオンは おおごえで わらいました。
「おまえが ぼくを たすけるだって。ぼくは こんなに
おお きくて つよいんだぞ。それに これから もっと もっと
おおきくて つよい ライオンに なるんだ。おまえが ぼくを
たすけるなんて できると おもうかい。」
そう いうと、こどもライオンは あくびを して
あるきだしました。
ねずみは いそいで にげました。

やがて、こどもだった ライオンは このあたりで
いちばん おおきくて つよい ライオンに なり、
どうぶつたちの おうさまと よばれる ように なりました。

ある ひ、ライオンの おうさまは いつものように あるいて
いました。ところが とおりみちに わなが しかけて あったのです。
あっと いう まに、ライオンの おうさまは わなに かかって
あみに とじこめられて しまいました。あみは じょうぶな つなで
できて いて、いくら もがいても やぶれません。
ライオンは おおきい こえで ほえました。ほかの どうぶつが
なにごとだろうと あつまって きましたが、どう しようも ありません。

ライオンは あしと あたまで あなを ひろげ、
やっとの ことで あみから ぬけだす ことが できました。
じゆうに なった ライオンは、おおきい のびを して、ねずみに いいました。
「ありがとう、ちびねずみ。おまえが ほんとうは つよいと いう ことが
よく わかったよ。これからも ときどき あそびに おいで。」
ねずみは ライオンを みあげて うれしそうに うなずきました。
こうして、ライオンと ねずみは なかの いい ともだちに なったのです。
の絵が好きです。

御器所教会  ここをクリックすると、きよらかなパイプオルガンの音とともに、キレイなホームページが開きます。
ぜひご訪問ください。

Pm14:00~、教会でパイプオルガンコンサートの準備をしました。
Pm15頃から、コンサートを聴きに見えました。
私は、エフに名前を書いていただき、傘につけていただくために、教会の門の前でお迎えしました。
礼拝堂にも、二階にも、集会室北のモニターの前にも満員のお客様がみえ、感謝します。
11月15日(日)am10:15から、伝道礼拝があり、M.ドライスィヒ氏(ハレ音楽大学教授)がパイプオルガンの奏楽者をつとめます。
ぜひ、お出かけください。

/kaeru_wel/}   
御来訪ありがとうございます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

童話と絵本の会 2015.11.10 ゆうかんなちびのお針子

2015-11-11 10:28:47 | ヤ行の絵本
2015年11月10日(火)晴れ 17℃ 78%RH am7:00
童話と絵本の会の準備をしています。 お気に入りの童話や絵本があれば教えてください。

今日の絵本
_ゆうかんなちびのお針子  グリム童話の再話
__メアリー・ポープ・オズボーン 文 ジゼル・ポター 絵 おがわえつこ 訳 
__2005 セーラー出版 
__鶴舞図書館蔵書

ある夏の日、ちいさなお針子が 窓際で ジャムをぬった パンを たべていると、
ハエが わんわん たかってきました。

追っても 追っても、ハエは ことばが わからないので、ききめが ありません。
かんしゃくを おこした お針子は、そのあたりにあった 布地を つかむと、
「これでもかっ!」と、窓の敷居にたたきつけました。
ふと見ると、ハエが 7ひき 死んでいました。
「あららっ! ひと打ちで 7ひきも やっつけちゃった。わたしって、すごい!」
この大事件を 忘れないように。お針子は お気に入りのコートの背中に、ししゅうすることにしました。
ひと文字 ししゅうするごとに、お針子は 得意になっていきました。
お針子のこころは うれしさに、子羊のしっぽのように はずみました。
最後の ひと文字を ぬいつけたときには、『わたしみたいに ゆうかんな女の子が、
こんな ちっぽけな 仕事場に いるなんて ぜったい にあわない』と、思うようになりました。
「町中に 知らせなくっちゃ! いいえ 世界中によ!」お針子は さけびました。

お針子は 旅の食料にするため、古いチーズのかたまりを ひとつかみ、
それから 庭にいた 灰色の小鳥を お供に1羽 ポケットに入れ、
世の中にむかって 出発しました。
村を出て、鼻の向いたほうに 山道を のぼっていくと、てっぺんに
強そうな 大男が すわっていました。
「こんにちわぁ」
お針子が 堂々と あいさつをして、ゆっくりと とおりすぎたので、
大男は コートの 背中の文字を よむことが できました。
ひと打ち 7ひき 
「ふん!」
大男は、お針子が “大男を7人、ひと打ちで やっつける”と
いいふらしているのだと、思いこみました。
「おいっ!」 大男が どなりました。
「はい?」 お針子が ふりかえりました。

大男は うんうんうなりながら カシの大木を かつぎあげなした。
お針子は 大男に 気づかれないように すばやく 枝に とびのりました。
大男が、根元も 幹も 枝も そのうえお針子まで、ぜんぶ ひとりで かついでいくあいだ、
お針子は 枝のうえで 陽気に うたいつづけました。
やがて大男は、一歩も進めなくなりました。カシの木を どん!と 投げおろし、ひたいの汗を
ぬぐっていました。「ちょっとやすまにゃー」
ぴょんと とびおり、枝をつかんだ お針子は、それまで ずっと カシの木を 半分かついで
きたようなかおをして いいました。
「わたしは まだまだ へいきよ」 お針子は 元気いっぱいでした。
「でも、あなたは ずいぶん つかれたみたいね。わたしは 先にいくから、ここでゆっくり
おやすみなさい」

お針子は 親切な騎士に お礼をいって、持ち場に 帰しました。
それから ベッドに もぐりこみました。
真夜中、ドアの外に 王様と 騎士たちが あつまる ものおとが きこえると、お針子は わざと
ねごとを いいはじめました。 
「……はい、はい、おズボンの おなおし、いたします。ごしんぱいなく……」
お針子は 声を はりあげました。 「……なんといっても わたくしは “ひと打ち 7ひき”でございますよ。
この手で 岩を にぎりつぶし、投げた小石は 隣の国まで とんでいきます。
おそろしい大男ふたりは やっつけました。ユニコーンは かいならし、あばれるイノシシは いけどりました。
ドアの向こうに かくれている 虫けら100人、なぁんで こわいものですか!」
「なんじゃと?」王様は ひめいを あげました。
「そぉれっ!」お針子は ベッドから とびおり、ぱっと ドアを あけました。
王様と 99人の騎士は、おそろしさのあまり、むちゅうで
城の外に にげだしました。 そして めいめい 馬に
とびのると、全速力で 走り去り、二度と
もどては きませんでした。
の絵が好きです。

御器所教会  ここをクリックすると、きよらかなパイプオルガンの音とともに、キレイなホームページが開きます。
ぜひご訪問ください。

Pm17:30~、名古屋学院大学日比野学舎で、
名古屋まちなかカフェ講座≪学びの連続講座≫ 使徒パウロ
講師 大宮有博[名古屋学院大学商学部准教授]
を聴きました.

    
御来訪ありがとうございます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

童話と絵本の会 2015.11.05 山のとしょかん

2015-11-06 23:13:31 | ヤ行の絵本


2015年11月 5日(木)晴れ 12℃ 74%RH am7:00
童話と絵本の会の準備をしています。 お気に入りの童話や絵本があれば教えてください。

今日の絵本
_山のとしょかん 
__肥田美代子 文 小泉るみ子 絵 
__2010 文研出版 
__鶴舞図書館蔵書

山の中の 小さな村に
おばあさんが
すんでいました。
子どもたちは
大きくなって まちへ
でていってしまい、
めったに
かえってきません。
おばあさんは、
ひとりぼっちで
はたけしごとをして
くらしていました。

ある日のこと、おばあさんが はたけから
かえってくると、家の中の ようすが
いつもと ちがいます。
おしいれに いれてあった
ふるいはこが、ざしきの まん中に
ひっぱりだされて、ふたが
すこし あいていました。
「あれまあ、だれが こんなことを……。」
はこの 中には、むかし、おばあさんが
子どもたちに よんであげた えほんが
いっぱい つまって いました。

おばあさんは えほんを とりだし、
パラパラと めくってみました。
「まあ、なつかしい。
ああ、このはなし おぼえているよ。」
あのころ ひとみを かがやかせて
えほんに みいっていた 子どもたち。
そんなすがたまで、はっきりと
おもいうかびました。
おばあさんは、いつしか
むちゅうになって よんでいました。
なんともいえない、やさしいきぶんに
つつまれました。

その日から、おばあさんは
はたけしごとの あいまを
みては、こえを だして
えほんを よんでみるのでした。
はたけの やさいたちも
おはなしを きいているような
きがします。

ある日、おばあさんが、はたけで
いつものように えほんを
よんでいると、うしろに
なにか けはいを かんじました。
ふりかえると、ちかくの
くさむらが がさがさと ゆれました。
「だれかが、わたしの はなしを
きいているのかしら。」
おばあさんは ちょっとだけ
はずかしくなりました。

その日の夜、おばあさんが、とじまりを しようと したとき、
かきの木の むこうに、小さな ひとかげを みつけました。
「だあれ? なにか ごよう?」
こえを かけると、小さなこえが かえってきました。
「あのう、……、はこの、……、えほん、……、よんでください……。」
なんと 月明かりに、男の子が たっているでは ありませんか。
「へえ、えほんを?」

「さあ、ここに おすわり。」
男の子を えんがわに
すわらせると おばあさんは、
おきにいりの えほんを
もってきて ゆっくりと
よみはじめました。
男の子は、こそりとも
おとを たてずに、
おばあさんの こえに
ききいっています。
よみおえると、おばあさんは
やさしいこえで いいました。
「さあ、おしまい。
おそくなると、おとうさんや
おかあさんが しんぱいするよ。
このえほんは かして あげるから、
おうちで よんで もらいなさいね。」
男の子は、わたされたえほんを
だいじそうに かかえると、
ぺこんと おじぎして、
「ありがとう。」
といって、かえって いきました。

タヌキの 子どもたちが まあるくなって すわっています。
そのうちの いちばん 大きな 子ダヌキが えほんを
とくいそうに ひらくと、
「こんやは、月に
のぼった ウサギの おはなしだよ。」
「ピョンタは とても さみしがりやの
ウサギです。ある日 お月さまを みていて、
ともだちに なりたいと おもいました。」
そこまで よむと 子ダヌキは、くんくんと
はなを ならして いいました。
「あら、たいへん。おまめを にてるの
わすれてた。 ちょっと、まっててね。
……
さあ、おまたせ。おまたせ。もうすこしで、
まっくろに なるところ だったわ。」
(まあ、わたしの いったとおりに
よんでる。)
おばあさんは、プッと ふきだして
しまいました。
の絵が好きです。
 
御器所教会  ここをクリックすると、きよらかなパイプオルガンの音とともに、キレイなホームページが開きます。
ぜひご訪問ください。

Am11:00~、教会の木曜会に出席した。
 テキスト 夕べになっても光がある 「老い」について聖書からきく
      宍戸好子 2009 日本キリスト教団出版局
 聖書   詩編 90編 7~9節
コロサイの信徒への手紙 3章1節

   
御来訪ありがとうございます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

童話と絵本の会 2015.11.04 やまこえのこえかわこえて

2015-11-05 00:06:48 | ヤ行の絵本
2015年11月 4日(水)晴れ 15℃ 64%RH am9:10
童話と絵本の会の準備をしています。 お気に入りの童話や絵本があれば教えてください。

今日の絵本
_やまこえのこえかわこえて 
__こいでやすこ 作 
__1992 福音館書店
__鶴舞図書館蔵書

やまこえて やまこえて
きつねの きっこが おでかけです。
おつきさまが いいました。
「きっこちゃん、こんな よる おそく どこへ いくの?」
「ふもとの まちまで かいものよ」
「それなら わたしも ついていこう」
「どうも ありがとう」

のこえて のこえて
きつねの きっこが おでかけです。
「きっこちゃん、こんな よなかに どこへ いくの?」
ふくろうの ろくすけが いいました。
「まちの おとうふやさんへ かいものよ」
「それでは わたしも ついていこうか?」
「ええ ありがとう!」

かわこえて かわこえて
きつねの きっこが おでかけです。
「きっこちゃん、こんな よふけに どこへ いくの?」
いたちの ちいと にいが いいました。
「おとうふやさんへ あぶらげ かいに」
「それなら わたしたちも ついていこうか?」
「うん ありがとう」

まちの おとうふやさんは くらいうちから おしごとです。
「くださいな 、あぶらげ 100まい」
きっこが いいました。
「くださいな、きっこちゃんに あぶらげ 100まい」
おつきさまと ふくろうの ろくすけと
いたちの ちいと にいも いいました。

「やあ きたね。 あきの まんげつの よるだから
まっていたんだよ。
きっこちゃんに あぶらげ 100まい。
おまけの おまけで 110まい。 まいどありー」

おだいは、やまの きのこと くりです。
いたちの ちいと にいが かわざかなを
おまけに そえました。

やっと いえに つきました。
「ああ よかった。みんなの おかげで
ちっとも こわくなかったわ。
どうも ありがとう」
「よかったね」「よかったね」
「さあ! これからが たいへん。
いそがなくっちゃ」

かわこえて のこえて やまこえて
みんなが きつねの きっこのところへ やってきます。
きょうは いなりやまの あきまつり。
きっこの いなりずしは おまつりの めいぶつです。
みんな いなりずしを たべるのを たのしみに
やってくるのです。
の絵が好きです。

御器所教会 のホームペ-ジはhttp://www.gokiso-church.or.jp です。ステキなパイプオルガンの音とキレイな画面が出てきます。

午前中、ICレコーダーの礼拝説教をパソコンに取り込み、CDに録音しました。
Pm16:00~、11月14日(土)のパイプオルガンコンサートのチラシを中日新聞店に、持ち込み11月10日に配布してもらうよう依頼する作業の手伝いをしました。
Pm18:55~19:25、教会の聖書輪読会に出席。    
     イザヤ書 5章21節~12章
Pm19:30~20:45、祈祷会に出席。
      詩編 110編  
熊本草場町教会と今週誕生日を迎える1兄弟1姉妹を祈りに加えて

   
御来訪ありがとうございます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加