童話と絵本の会

楽しい童話や絵本を集めています。気にいった童話や絵本があればお知らせください。

童話と絵本の会 2016.03.14 りすと まつのき

2016-03-14 15:06:07 | ラ行の絵本
2016年3月14日(月)雨 6℃ 80%RH pm14:50
童話と絵本の会の準備をしています。 お気に入りの童話や絵本がれば教えてください。

今日の絵本
_りすと まつのき 
__アメリカのむかし話 文 松井荘也 絵 司おさむ 水野二郎 高橋透 
__1966 研秀出版株式会社 
__御器所教会蔵書

ある ばん、インデアンの ジーニが ねていると、
おおきな くろねこが、
「おい はやく こい。」と、ジーニの およめさんを むかえに きました。
ジーニも、こっそり あとを つけました。

およめさんは、ももいろの ねこに ばけて、
ほらあなの なかに とびこみました。
なかでは、まほうつかいの おやぶんと
こぶんたちが、さわいで います。
ジーニは、ふくろうに みつかって しまいました。
もほうつかいの おやぶんは、こわい こえで いいました。
「おまえの ははおやと いもうとの しんぞうを
もって きたら、ゆるして やろう。」

ジーニは、むらで いちばん ものしりの じいさんに、
そうだんしました。
「しかたがない。かわりに、やぎの しんぞうを もって いきなさい。」
おじいさんは、おまもりの かいがらを くれました。
もほうつかいの おやぶんは、やぎの しんぞうを おおなべで にました。
すると、なべの なかで、
「めー めー めー。」と、やぎの なきごえが、しました。

まほうつかいの おやぶんは、おこって、
ジーニを たかい がけの いわだなに、のせて しまいました。
からだを すこしでも うごかすと、
おちてしまうので、ジーニは じっと ねて いました。
ひるまは、やけるように あつく、
よるは さむくて、こおって しまいそうです。
ジーニは、だんだん よわって いきました。

あるひ、りすの おやこが、
いわだなへ やってきました。
ジーニが めを あけると、
「おや、まだ いきて いるようね。」
と、かあさんりすが いいました。
そして、おかゆを はこんで くれました。
ひよけや ふとんも つくって くれました。

りすの おやこの おかげで、ジーニは、
だんだん げんきに なって きました。
ある ひ、かあさんりすが まつかさを ひとつ はこんできて、
がけのしたに おとしました。
つぎの ひ、ジーニが そっと がけのしたを みると、
はるか したの くさはらに、一ぽんの ちいさな まつの きが
はえていました。

まつの きは、どんどん おおきく なって、
いわだなの うえまで のびて きました。
ジーニは、きを つたって、したへ おりました。
ジーニが りすの おやこに
おれいを いうと、かあさんりすは、
「これを、およめさんに たべさせなさい。」
と いって、まつの たねを くれました。

ジーニは、うちへ かえると、およめさんに まつの みを
たべさせました。
そして、かりに でかけました。
ゆうがた、ジーニが かえって みると、
わるい およめさんは、
おおきな まつの きに
かわって しまって いました。

御器所教会  ここをクリックすると、きよらかなパイプオルガンの音とともに、キレイなホームページが開きます。
ぜひご訪問ください

今日はこれから、愛知県芸術劇場コンサートホールの
愛知教育大学管弦楽団の第84回定期演奏会を聴きにゆきます。
 指揮 宮松重紀
 曲目 シベリウス 交響詩「フィンランディア」
    チャイコフスキー「くるみ割り人形」より 抜粋
    シベリウス 交響曲第2番ニ長調 作品43 です。
    
   
御来訪ありがとうございます。
『育児』 ジャンルのランキング
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 童話と絵本の会 2016.03.10... | トップ | 童話と絵本の会 2016.03.15... »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
初めまして。 (Sumi)
2016-03-14 20:39:22
初めまして。
読者登録をさせて頂きました、Sumiといいます。
私は、オスカー・ワイルドの「幸福の王子」が好きです。
朗読カセットテープで、娘と一緒に聞きながら眠っていました。

コメントを投稿

ラ行の絵本」カテゴリの最新記事