京都童心の会

ほっこりあそぼ 京都洛西の俳句の会
代表 金澤 ひろあき
俳句 冠句 自由律 詩 エッセイなど同好の人たちと交流

長岡天神4月句会の記(2017年)

2017-07-18 11:58:51 | 日記
長岡天神4月句会の記
         金澤 ひろあき
 今年の春の歩みは遅く、三月末にまだ梅が残り、桜はほとんど見かけませんでした。
 さて四月は、入学、転勤、就職で、人が多く動く季節です。最近、入社式に保護者が来ることがあるそうな。三十年ぐらい前に就職した私達の頃には、考えられなかったことです。
 四月一日の電車の中でも、明らかに入社式帰りの新入社員と、そのお母さんという二人連れを見ました。
  入社式親子そろいの黒スーツ     ひろあき
 さて、4月の長岡天神句会の皆さんの作品です。
  ほたるいか給食に出る地元の子    坪谷智恵子
 地元でとれたとれたてのものが給食に。子ども達は大喜びですね。これが本当のおごちそう。
  三分咲き微笑みかえす子等に似て   岡畠さな子
 ほんとうに、花がわずかに笑っているような、その感じをうまくとらえていますね。
  辛夷咲くおらが役場のなくなりぬ   中野硯池
 過疎化が進んで限界集落。そして廃村。これからの日本がかかえる問題ですね。
  教師と再会する蕎麦屋の打水     野谷真治
 私も教師ですが、この感じよくわかります。教え子が立派な家庭を持っているのを見るとうれしいですよ。
  花冷えの腹筋に効くクシャミかな   青島巡紅
 腹筋にこたえる、あばら骨にこたえる。花粉の時期はつらいですね。
  チューリップ口アングリと日光浴   三村須美子
 「口アングリ」というとらえ方、まさしく・・・という感じです。春たけなわですねえ。
  モクレンの一気に三三七拍子     金澤ひろあき
 一気に開くモクレンを見ていると、手拍子をしているようで。実感をそのまま書いてみました。

ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 西山寮詩会作品 2017年7月 | トップ | 言うことをきかないチャック »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。