京都童心の会

ほっこりあそぼ 京都洛西の俳句の会
代表 金澤 ひろあき
俳句 冠句 自由律 詩 エッセイなど同好の人たちと交流

一人連句「針を刺し」

2016-10-18 08:21:19 | 日記
 一人連句 半歌仙 「針を刺し」の巻
      金澤 ひろあき
 連句はふつう何人かが集まって巻くものですが、ためしに一人でやってみました。
 やはり難しいですね。やっては止め、止めては再開し、また書き直し・・・でなかなか終わりません。それでも三十六歌仙の半分、十八句の半歌仙が楽しめました。
 式目(ルール)に従っているつもりですが、間違いがあるかもしれません。独吟独楽ですので、ころがるのもよしとお許し下さい。
表発句 冬 冬空や針を刺したる五重塔
    冬 やがて時雨の音満つる庭
    雑 つれづれに百人一首よみあげて
    秋 紅葉の錦待ちわびている
    月 来年は月の都に帰るから
    秋 友と語ってどぶろくを飲む
裏折立 秋 蘭亭序ひたすら臨書する夜長
    恋 隣のきみのうなじのぞき見
    恋 おみあいとつきそいの人もどかしげ
    雑 背中合わせの口笛を吹く
    雑 補助線も方程式も見つからず
    雑 迷子になってしまう影ふみ
   夏月 夏の月砂漠の広さ三千里
    夏 黙りこくって汗が出ている
    雑 青春のまん中にあるわかれ道
    雑 ペットの犬に愚痴をきかせる
    花 花冷えの服のポケット手を入れて
    春 観光船のやらせ鮎汲み
ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 石山寺のご開帳 | トップ | 西山寮詩会作品 16年10月 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。