京都童心の会

ほっこりあそぼ 京都洛西の俳句の会
代表 金澤 ひろあき
俳句 冠句 自由律 詩 エッセイなど同好の人たちと交流

日食

2017-05-03 16:57:24 | 日記
 日食
        金澤 ひろあき
 2009年7月22日は、日食があるというのに、夜半から大雨でした。朝方、雨はあがったものの、厚い雲。見るからに無理そうです。
 ところが10時30分頃、勤め先の長岡京市の学校の高校生達が、「見えている。」と騒いでいます。空を見ると、うす雲ごしに、太陽の欠けている様子が見えているのです。半月のような形をした太陽が見えているのです。
 中国・上海では皆既日食。晴天下で見ることができたそうで、炎天が急に夕暮れのように暗くなる様子も見えたそうです。
 次は26年後、その時は76歳。
 「また見られるだろう。」と私。
 「そこまで生きているかどうか自信がない。」という人が多く、へえっと思いました。
  お日様もしばしこの世のかくれんぼ    ひろあき
ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 俗語・平談の中で | トップ | 琵琶湖一周 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。