京都童心の会

ほっこりあそぼ 京都洛西の俳句の会
代表 金澤 ひろあき
俳句 冠句 自由律 詩 エッセイなど同好の人たちと交流

秋雨

2016-11-08 08:58:56 | 日記
 秋雨
      金澤 ひろあき
秋の雨昭和のころの別れ歌 
秋の雨一面切り株だけの田よ
会いに行く秋雨 小説になる    
星一つ一つ消え寝起きかな     
風邪去って人並みの寝起きありがたし
酒のこる目ざまし時計の寝起きかな 
同い年死ぬとへこむね秋の暮れ   
野分より先に着きたるうわさかな
※この年になると、何人かの友達との別れがありました。
あんなに元気だったのに・・と思うことしきりです。
ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« たとえば | トップ | 寒くなりましたね »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。