京都童心の会

ほっこりあそぼ 京都洛西の俳句の会
代表 金澤 ひろあき
俳句 冠句 自由律 詩 エッセイなど同好の人たちと交流

うどん

2016-10-11 08:25:36 | 日記
うどん
     金澤 ひろあき
 北九州市の八幡という製鉄の色に染まった町に生まれた。
 その後、郊外の福間という町に越したが、父は八幡に勤め続けた。
 ある時、父は母に、「珍しい人に会ったよ。」と言った。その人は、元同僚の
男だったが、何かの理由で会社を解雇されたらしい。
 「奥さんとも別れて、生活は大変だが、夕食にうどん屋に連れて行くと、子どもが
おいしい、おいしいと喜んどる。どんなになっても生きていけると彼は言っておったよ。」そんな話だったと思う。ちなみに父はまじめな人で、定年までしっかり勤めあげた。
 今もうどん屋に入ると、父の話を思い出す。
うどん屋に浪士の如く入りにけり    ひろあき
ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あかざる | トップ | 人形の家 »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。