京都童心の会

ほっこりあそぼ 京都洛西の俳句の会
代表 金澤 ひろあき
俳句 冠句 自由律 詩 エッセイなど同好の人たちと交流

仙台だけの神様

2017-08-09 08:33:50 | 日記
仙台だけの神様
           金澤 ひろあき
 日本全国レベルではそれほど知られていないけれど、特定の地域ではとても有名というものが、いくつかあります。
 「仙台四郞」もそういうものの一つでしょう。仙台四郞は福の神です。江戸の末期、安永元年に生まれた実在の人物なのです。
 知的障害があったのですが、性格が素直で人に愛され、不思議なことに仙台四郞がよく行くお店は繁盛したとか。そのため福の神と思われ、人気者になったそうです。
 8月2日、私達が仙台に着いた日、夕食で入ったお店に、仙台四郞の絵が飾られていました。坊主頭で、子供のようなおっちゃんのような着物姿です。福を下さいねとお願いしておきましたが、さてどうでしょう。
  七夕や仙台四郞を飾る店     ひろあき
ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 仙台から帰って来ました | トップ | 交流誌より 「蒼天」143 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。