京都童心の会

ほっこりあそぼ 京都洛西の俳句の会
代表 金澤 ひろあき
俳句 冠句 自由律 詩 エッセイなど同好の人たちと交流

集合

2017-04-21 18:57:43 | 日記
集合
       金澤 ひろあき
 4月18日、花も終わったあと、若葉の新鮮なみどりを見に、天王山を歩きました。
 ふもとに宝寺という三重の塔があるお寺があります。そこへ行くと、「鬼ふすべ」というお祭りをやっています。節分の鬼払いに似た行事のようです。山門の所に、山伏さん、鬼の面をかぶった人が四人。そして、七福神のコスチュームをつけた人が行列をくんでいます。七福神チームの人達、「一人足りない。」と騒いでいます。よく見ると、大黒様がいない。しばらくして、大黒様のかっこうをした人がやってきて、「なんとか間に合いました、すんません。」と謝っています。
 山の中なので、まだところどころ桜の花が残っています。若葉と桜をいっしょに見れるなんて最高です。
  集合よ八重の桜を目印に

(旧稿です)
ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 秋あそび | トップ | 十六年 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。