京都童心の会

ほっこりあそぼ 京都洛西の俳句の会
代表 金澤 ひろあき
俳句 冠句 自由律 詩 エッセイなど同好の人たちと交流

西山寮詩会作品 17年5月

2017-05-12 08:11:48 | 日記
【西山寮詩会作品】            2017年5月
たけのこの中に羅漢の生えて居る    金澤 ひろあき

桜が正直今年も正確に咲いた じいさんも元気出せよ  清水 義治
おはよう今年も咲いたよ元気良くじいさん

夜桜やライト浴びては煌(きら)びやか  野原 加代子
入園式孫の手握り写真撮り
川沿いの桜並木や満開し
道端にひっそりと咲く純連(すみれ)かな
薊(あざみ)かな群れて咲きてや逞しき
お彼岸や父母の墓前に手を合わせ
土手に咲くたんぽぽ見つけほっこりし

雪が舞い三色すみれがふるえてる    塚本 一枝
今日一日眼科と内科で梯で終わる
自分用、それなら、ふんぱつ高い方
川せみが翡(ひ)翠(すい)の羽で水鏡
櫻添えまだ来ぬ春を待って居る

氏神に祈る車窓の花蕾         奥田 一枝
金柑も甘ずく色に小鳥の春
竹生島思ひ出多き舟の経
青き土手映える草花に止める杖
束の間に鼬(いたち)もぐるや朝の小屋

入学式桜が咲いて祝ってる       井上 昭子
日にあたりかたいつぼみも花ひらく
お花見につぼみちらほらさみしそう

越えて来し幾山河や月青し       高田 操
ホーホケキョ声残し去り行けり
野の花を壺に投げ入れ月見かな
白壁の続く神域梅満開

たたもうと思うて入る春炬燵      中野 賢一
ひくまいと思うてひきし春の風邪
もう出ると思うて待ちし初竹の子
囀りに一刻佇てり神の庭        宮崎 清枝
沈丁花香る枝折戸開けにけり
リハビリの一人小粋に赤マフラー
春寒く缶コーヒーを握りしめ
紅梅やビンゴゲームに初当たり
話したき友は黄泉路へ弥生尽
ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 和田岬散歩 | トップ | 言えなかったこと »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。