京都童心の会

ほっこりあそぼ 京都洛西の俳句の会
代表 金澤 ひろあき
俳句 冠句 自由律 詩 エッセイなど同好の人たちと交流

2016-10-29 09:59:44 | 日記
 川
       金澤 ひろあき
川の声ありと気づいた夏休み     
スイカ割りカッパも参加したかろう
川流る入道雲の根っこより      
川風のぱったり止まる広島忌
※「川風」の句は、昔、実際に広島に行った時に作った。
焼けた原爆ドームを、強い夏の日差しが焼いていた。後で似た作品があることに気づいたが、
思い出の句として残しておいた。
「入道雲の根っこ」はご存じの通りで、激しい雷雨。子供の頃、大きな雹に当たったこともある。
これは痛い思い出。
ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ハロウイン | トップ | うすむらさきの雲 »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。