京都童心の会

ほっこりあそぼ 京都洛西の俳句の会
代表 金澤 ひろあき
俳句 冠句 自由律 詩 エッセイなど同好の人たちと交流

本の匂い

2016-10-13 08:20:35 | 日記
本の匂い
      金澤 ひろあき

みこし来る牛の如くに胴震い      
豆蒔いて民話の中のぢぢとばば
新緑や本の匂いのへやを出る      
面接や若葉も大人の仲間入り
アイステイ土曜の午後のジャズ佳境   
龍天にのぼるうなりや梅雨に入る
涼しさや水切り遊びの輪が無数     
梅雨晴れ間切れ字のような鹿おどし
昼近き紫陽花睡りたげな色  

 現代の狭い住宅事情。本の置き場が
なくて・・・という人が多いんではないでしょうか。
実は私もそうなんです。
ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 人形の家 | トップ | 犬の瞳 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。