京都童心の会

ほっこりあそぼ 京都洛西の俳句の会
代表 金澤 ひろあき
俳句 冠句 自由律 詩 エッセイなど同好の人たちと交流

フリー句自由連句「もみくちゃや」の巻

2017-02-22 08:19:36 | 日記
【フリー句自由連句】「もみくちゃや」の巻
もみくちゃやいたずらこぞう春一番     金澤ひろあき
春一番腕白小僧叱られる          青島巡紅
わめいてみても母はスルーだ        ひろあき
スルーされても最後はお母ちゃん      巡紅
節目にはしっかり意見いう         ひろあき
娘に叱られ嬉しくなる七十代        巡紅
平和に家が治まっていて          ひろあき
平和の灯もまずは一家族から        巡紅
お月見に村一番の美女名のり        ひろあき
美女の毒に勝てない男の性         巡紅
毒消しをたよりに生きている        ひろあき
来る時が来れば去るだけの世        巡紅
芽吹きが次の生を告げてる         ひろあき
北極星も地軸も固定されてない       巡紅
化石につよく残る記憶よ          ひろあき
宇宙から帰還したら都市の化石もなくて   巡紅
一面に広がる海にサンゴ礁         ひろあき
ハワイ島も地下水使いすぎれば海の底    巡紅
ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ハイ、皆さん、今日は詩人で... | トップ | 桜のせい »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事