京都童心の会

ほっこりあそぼ 京都洛西の俳句の会
代表 金澤 ひろあき
俳句 冠句 自由律 詩 エッセイなど同好の人たちと交流

和田岬散歩

2017-05-11 08:25:55 | 日記
  和田岬散歩
     金澤 ひろあき
 6月、神戸で句会をやった後、時間が余ったので、神戸市地下鉄を使い、和田岬へ行きました。和田岬は、神戸の西南側にあります。以前は行きにくいところでしたが、地下鉄のおかげで、行きやすくなりました。古典の時代では和田泊。やはり昔から港です。
 平清盛供養塔というのを見ます。ここは平家の根拠地でした。十三重の石塔。ただどうも、清盛と直接には関係なさそうです。清盛ゆかりの地に、立派な石塔があったので、結びつけてしまったようです。清盛塚の近くに、真光寺というお寺があり、時宗の開祖一遍上人が亡くなったところだそうです。運河にかかる「きよもり橋」を渡ると、薬仙寺。平清盛が後白河法皇をとじこめた萱御所跡というのがあります。もとはもっと北にあったのが、明治の頃、近代化にともなって運河を掘り広げる時に、水没したそうです。
 一遍上人の影響で、この地は「おどり念仏」や「歌おどり」が盛んだったそうで、その石碑があります。人は何につけ、楽しみを求めるものです。
 帰りはせっかくなのでJR和田岬線に乗ります。和田岬駅では、ホームにも待合室にも、ベンチがありません。これはちょっとつらい。まわりにも、喫茶店は一軒もなく、飲み屋ばかり。 休日は一日二本の運転。17時26分発が、その日の最後の便です。切符も売ってなくて、兵庫駅で降りた時に、ホームで買うのです。
 和田岬という所、道ばたにビワの木が沢山植えられて、実がけっこう実っています。あれ、地元の人がとって食べているのかしらん。そのわりには、無造作。
  さびしい日記に夕焼け書いてまぎらわす    ひろあき
ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 猛暑の石山寺 | トップ | 西山寮詩会作品 17年5月 »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。