学校体育研究同志会奈良ブロック

私たち学校体育研究同志会は、みんなが「わかる」「できる」体育の授業を追究する民間の研究団体です。

結局

2016-10-15 17:16:34 | まんぞうの日記
運動会プログラム変更の決定を、管理職に委ねるという何ともお粗末なことになってしまった。こんな下らんことを自分達で決められないのは情けない限りである。そう思ったので、会議の後に、「正当な理由もなく在るものを変えようとしないのは古い学校の体質だ。だから、こんなに学校が澱んでいるのだ」ということを管理職に訴えた。若い人が「その意見はわかるが、変えるのはどうか」という発言を繰り返していたのがとても気になる。自分がそれなりの意見を持たないくせに、従来とは違うことのみに抵抗を示すのだ。それも、プログラム変更というごくごくつまらんことに対して。呆れてしまう。
 こんなことがあって知らんうちに、ワシの提案通り運動会プログラム変更が通り組体が最後となった。当たり前やと思う。正当な理由なんだから。・・・ところが運動会当日。そうにはならなかった。(次回に続く)
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 若い人たちが抵抗勢力 | トップ |   
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (南河内楠男)
2016-11-08 21:00:41
続報を心待ちにしております(`・ω・´)ゞ

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。