63歳の男性、派遣切りで自殺

2009年03月23日 | Weblog
今日のニュースを見ていましたら、小田原さんという63歳の身寄りのない男性が、仕事の打ち切りを通告され、不安のあまり自殺したのではないかと報道されていました。
また若い女性が最近は、やはり、派遣切りで夜中、泊まるところもなく、さまよっているというニュースも流れています。
先日は、これらは政治の問題であるから政治的に解決策を見いださなくてはならないとこのブログに書きました。しかし、現実に、ああいう姿を見ますと、何とかしてあげなくてはならないと実際は思います。私たちとしても何かできることはないのでしょうか。自殺が続発するのを防止するには、どうしたら良いのか?自殺を止め、雇用止めを思い直すようキャンペーンを張ったらよいのでしょうか。でも、経営難で自殺する経営主もあり、本当に迷います。
昔は不景気でなくとも、今より貧しかったように思います。仕事も少なかったし、賃金だって安かったでしょう。それなのに自殺者は、少なかったのではないでしょうか。
その理由は、多分、家族や親戚が皆で失職者をかばい、面倒を見ていたのではないでしょうか。また、今日ほど、お金がなくては一日も生きてはいけない世の中ではなかったのだろうと思います。
それだけ今の日本の社会は冷たい、情のない世の中に変質してしまったのではないかと考えられます。
本当に人に温かい、やさしい世の中に変えていくことはできないのでしょうか。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 清雄寺にて門祖会・16世講... | トップ | 第18回研究発表大会 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ほんとに... (さかなしゃん)
2009-03-24 01:23:25
私も見てました。 自殺された男性は無縁仏とされて葬られて、同僚の方は涙ながらに「成仏だけして欲しい」と無念そうで泣けて来ました。 昨夜上野方面にいましたが、やはり派遣切りにあった様な若い方に遭遇します。 これから暖かくなりますが、雨と風が強い中辛そうでした。 何とかはなしかけようとしましたがダメでした。 情けない、まだまだ御看経が足りないから度胸がないのかなぁ? お寺行ってみませんか?といったら「なんだてめぇ!」 とぼこられそうで(泣) 二月号の佛立新聞のニュースアイにの信者さんのコメントに毎日新聞二面の「風知草」に派遣村の事を聖徳太子が貧窮者、病人、孤児の救済施設、平成の悲田院と言う記事に対し、お教務さんが「当宗も平成の悲田院~駆け込み寺」としての役割を果たせるような体制づくりをと書かれてありました。 私の様な根性なしが、一人で思い悩んでもどうしようがありません。 この様な方達に対して、どの様なご祈願や動きと言うか具体的な御教導をしていただきたいです 合掌
死なないで運動スタートしました! (ロック小僧)
2009-04-06 00:32:18
死なないで運動スタートしました!

ふっと、いなくなってしまいそうなあの人。

声をかけても聞こえないかも。

思いを伝えようとしても届かないかも。

だから詩にしました。だから曲にしました。

あの人といつも一緒に生きていたい。

沢城こゆきの歌う「死なないで」

今年もまた五月がやってくる。

沢城こゆきの歌う「死なないで」
http://shinanaide.seesaa.net/?1238945474
ほんとに (さかな)
2009-04-07 15:37:49
ロック小僧様、骨身にぐさっとしみいる歌ですね。 経済苦でこれから夜逃げや自殺、路上生活を余儀なくされる方は増える一方になりますよね。 無財の七施を教えていただいている者として考えされられます。 残された人間は自分を責めます。 なんでもっと気持ちに寄り添ってあげれなかったんのか、気づけなかったのかひきづります。 とにかく生き抜いて欲しかったと。 自分の様に非力で臆病な人間は御法様にお願いして、佛智をいただくしかありません。そして、ちょっとした異変を察知して何かさせていただかないとです
ありがとうございます (ロック小僧)
2009-04-12 22:01:33
住職様

突然コメントを貼ってしまい申し訳ありません。すでにいくつか自殺、人身事故のニュースが聞かれる時期になってしまいました。五月まで間がないものですから、失礼とは思いましたが、貼らせていただきました。

私たちもとにかく自殺を考えている方たちに生きていてほしいとその願いだけです。歌が本当に役に立つのか?わかりません。小さい運動ですが、やっていこうと思います。

お聴きくださりありがとうございます。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。