青の洞門草紙

家庭料理と酒肴の店「青の洞門」0742-41-9845 17:00~23:00 日曜休み(祝祭日営業)

三億円事件の謎

2016-06-29 15:48:24 | Weblog
先日、二日間に亘ってテレビ放映された「モンタージュ三億円事件奇談」を、ビデオに収録して三日かかって見ることができました。現在と過去が交叉し、登場人物もやたら多く、見る側にとっては体力のいるドラマでした。
三億円事件は20世紀最大の未解決事件で、古い出来事ですが今だに謎解きドラマは作製されています。現在の価値に換算すると、20億から30億円に該当するという途方もないお金が一瞬にして消えた大事件でした。
今回のドラマは、事件の発端が公安が仕組んだ学生運動の過激派撲滅のためというのがしっくりきませんでした。あの時代の警察のローラー作戦は珍しいことではなく、三億円事件を起こすほどの理由付けは要りません。
舞台が長崎であったため、かつて勤務した街の映像を懐かしく眺めていました。この事件のキーポイントの軍艦島も再三登場しましたが、あの時代は忘れ去られた過去の遺物でした。今や軍艦島は、長崎観光の大きな目玉と化しています。
三億円事件の犯人としては、立川グループの不良少年が有力です。警察官の息子であるグループリーダーの少年は、事件後にこの世から消えました。
邪馬台国の卑弥呼同様に、三億円事件もいろんな説が浮上しています。また、新たな三億円事件の謎解きドラマが誕生することを期待したいと思います。
梅雨時の今日も外は雨で、身体が湿気でじっとりしています。青の洞門の今週の営業成果は、雨にも拘わらずに「ぼちぼちでんな」が続いています。本日もこの「ぼちぼちでんな」で終わりたい思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大英帝国の決断

2016-06-27 15:57:26 | Weblog
イギリスが欧州共同体(EC)の離脱を選択したニュースは、世界経済を大混乱に陥れました。それも国民投票による決断であったため、イギリス国内でも「離脱派」と「残留派」の間に大きな溝を残しました。
ECは、経済面での国境を無くす大変革でした。この経済体制が発展して、やがて政治面での戦争等の争いをなくす有効手段と考えていました。
イギリスは、今回「自国主義」を選択しました。しかし、この選択がプラスとなるか、マイナスに左右するかは今は分かりません。この決断は、イギリスが過去の栄光の大英帝国を目指していく一歩なのでしょうか。
さて、今年の梅雨は世界経済同様に、晴れと雨の落差が激しい天候です。梅雨というに、夏日の激しい暑さも続き、体も不調になるような天気に悩まされています。
青の洞門も、忙しい日と暇な日が度々逆転し、なかなか読めない六月となっています。だから定休日の日曜日は、休息をメインに考え大人しくしています。
今日からまた、青の洞門の新しい一週間の始まりです。梅雨時期の荒れた天候に惑わされずに、安定した営業数字を残せる実力を身につけたいものです。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

植物図鑑

2016-06-22 16:00:14 | Weblog
今、娘の本棚から失敬して有川浩氏の「植物図鑑」を読んでいます。作者は「阪急電車」や「フリーター、家を買う」などの著書で有名です。
この作者は今どきの若者の心を打つ、とびっきり美味しい、ちょっぴりほろ苦い恋愛小説が多く、映画やテレビにも作品化されています。
この「植物図鑑」では、フキやツクシ、タンポポ・フキノトウ・ノビル等のたくさんの野草が登場し、立派な一品料理となっています。道端に生えている雑草に見える野草も、それぞれに名前があり調理する価値があるものばかりです。
今まで日課にしていたジョギングの最中は、そばに生えている野草には全く眼がいきませんでした。今度のんびりと歩く機会があれば、スマホの植物図鑑で調べながら、野草とじっくりと語り合ってみたいと思います。
さて、青の洞門の六月も後半戦に入りました。梅雨時期でもあり、雨を心配してのハラハラドキドキの日々です。
この梅雨が明ければ、いよいよ待ちに待った夏が本番です。暑い夏の対抗手段の一番手は、よく冷えたエビス樽生ビールしかありません。青の洞門では、毎日欠かさずに清掃したビールサーバーから、切れの良いエビス生ビールが常に登場します。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サイクリングへの勧め

2016-06-16 15:44:12 | Weblog
青の洞門のお客さんで、サイクリング愛好家の田中さんがおられます。サイクリング専門の立派な自転車で、常日頃から古都奈良の街を元気に駆け巡っています。
先日、その田中さんとの青の洞門での会話で、サイクリングを勧められました。足の故障で走れずに歩けずにの状態で、可能なのは自転車しかないようです。
ここ一か月は何も身体を動かせないため、足の筋肉も落ちてしまっています。ここで体力回復の唯一の方法は、サイクリングしかないようです。
近くの富雄川沿いにはサイクリングロードも完備して、自転車に乗る環境は整っています。サイクリングはランニングと違い距離を伸ばせるため、実践するとまた新たな発見があるかもしれません。
そういってマラソンから距離を置いたつもりでしたが、昨夜の「奈良マラソン」をまた今年も申し込んでしまいました。今回はインターネットでの接続がままならずに、仕方なく10キロレースしか取れませんでした。昨年は15分ほどで繋がったのですが、今年は40分かかったためフルマラソンへの出場は無理でした。
12月はフルマラソンは無理にしても、10キロは完走できるように回復しているでしょう。ランニングへの早期復帰は無理にしても、サイクリングへの挑戦も考えてみたいと思います。
さあ今日は朝から雨模様で、梅雨本番の天気となっています。週の半ばですが、雨にも負けない勇気ある呑み助さんの来店を期待したいと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アマゾンの幻の巨大ザル

2016-06-13 16:03:13 | Weblog
青の洞門の毎年恒例の梅干し作りが、先週末に終了しました。今年も50キログラムの南高梅を使って、柔らかくて美味しい梅干しの完成を期待して仕上げました。
青の洞門の梅干しは、焼酎にもお握りにもよく合う上等品です。市販のものとは一味違う自家製梅干しは、青の洞門の常備品です。
青の洞門では、いかなごの釘煮・新さんしょう煮・筍の煮つけ・梅酒作り・梅干し漬け等、季節毎に色んな旬の食材と関わっています。昔ながらの家庭の味を、青の洞門は一年を通してお届けします。
さて、今夜はNHKスペシャル「緑の秘境に幻の巨大ザルを追う」第3集があります。NHKがお金をかけて最後の秘境アマゾンに繰り出しましたが、伝説の巨大ザルは果たして登場するのでしょうか。
民放テレビのこういった番組は、講釈だけがやたら長く最後は何も出てこないのが常です。取材費に糸目をつけない大NHKの意気込みが、巨大ザルを表舞台に引き出すような気がします。
先週の青の洞門は、サッカー中継があった日を除いては忙しい日が続きました。梅雨のどんよりとした天気の中、今週の青の洞門はどんな展開を見せてくれるのでしょうか。今週も商売の神様が気を利かせてくれることを、大いに期待します。
※写真は、昨年の梅の塩漬け後の陰干しです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アリとビートルズ

2016-06-06 15:38:30 | Weblog
モハメッド・アリとザ・ビートルズは、昭和のスポーツ界と音楽界のスーパースターです。そのアリ死亡のニュースが流れ、テレビ画面の引退後の病と闘っていた姿を見て悲しくなりました。
アリはリング外でも大口を叩くが、リング上ではそれ以上の力を発揮する実力者でした。あの亀田三兄弟とは違う、本物の大口でした。そして、ヘビー級では見たことがない軽いフットワークで、相手をマットに沈める新しいボクシングを展開しました。
アリはアメリカの人種差別とベトナム戦争に反対し、一度はリングから追放されました。しかし、その信念で理屈に合わないものと闘い続け、復活して再び世界チャンピオンの座を仕留めました。
最も印象に残っている試合は、「キンシャサの軌跡」と呼ばれる無敵の王者ジョージ・フォアマンとの闘いです。前評判ではアリが絶対不利と言われたのですが、試合は大逆転でアリのKO勝ちでした。
この試合は壮絶で、アリはボクシング生涯の大半のエネルギーを使い果たした様子でした。アリはこの試合を含め、三度も王座を獲得した本物のスーパースターです。
もう一つのスーパースターであるザ・ビートルズの来日公演の舞台裏のドラマが、週末にNHKで特集されました。日本武道館での公演では、警備陣が三割を占めるという厳戒態勢の三日間でした。
ビートルズも次第に政治色が強くなり、平和運動の象徴となりました。その音楽性の違いが、やがて解散となった理由の一端のようです。
ビートルズが公演した日本武道館は、大学の入学式で訪れる機会がありました。かつてビートルズの音楽が鳴り響いた場所でもあり、いたく感動した記憶があります。
さて、今日からまた青の洞門の新しい週が始まりました。梅雨入りしたというのに、今日は暑い暑い夏日の天気です。今日はエビス樽生ビールが美味い天気なので、青の洞門の暖簾を押してみては如何ですか。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

公私混同疑惑

2016-06-01 15:52:52 | Weblog
仕事明けの一昨日に、青の洞門の製氷機の調子が悪くなりました。新たな氷を作らなくなったので、至急ホシザキさんに連絡を入れました。
早速来店してくれたホシザキさんのサービスの話では、モーターファンとポンプモーターが劣化しているとのこと。結果、部品調達が出来る水曜日に工事することになりました。
今日、調理の仕込みをしながら、同時にホシザキさんの修理が始まりました。1時間40分ほどの時間をかけて、部品交換は終了しました。新たな氷が落ちる音に安心して、本日予約のお客さん達を待ちます。
今週は壊れたのは製氷機だけでなく、私の身体も酷い目にあいました。昨日、朝のウオーキング中にいきなり膝が痛くなりました。
痛めている膝軟骨ではなく、その側面が痛く歩くのが不自由な状態となりました。日中は痛みを我慢して店の準備にかかり、手のすいた夕刻に行きつけの整形外科を訪ねました。
診断の結果、膝の靭帯の損傷と判明しました。痛み止めの注射を打って膝の溜まった水を抜き、土曜日に再度結果を診てもらうことになりました。
これで今年のマラソン出場は無理な様子で、何とも歯がゆい思いです。人間も機械も、法定耐用年数を過ぎたものは壊れやすいものです。今度はじっくり治して、次の走れる機会をじっと待ちたいと思います。
さて、次は信頼関係の壊れた話です。舛添東京都知事が、今はやたらテレビ画面に登場する話題の人となっています。
海外出張時に、飛行機のファーストクラス、ホテルはスイートルーム利用とやりたい放題です。また政治資金も一部私的利用して、公私混同疑惑が騒がれています。
人間、権力を握るとお金の面で麻痺する政治家は多数います。猪瀬前都知事もお金の問題で辞めましたし、石原元都知事の公私混同も酷かったようです。
政治家は我々が選んだ代表ですから、問題があれば辞めてもらうしかありません。政界に一声を届けるためにも、次の選挙は行かなければなりません。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加