青の洞門草紙

家庭料理と酒肴の店「青の洞門」0742-41-9845 17:00~23:00 日曜休み(祝祭日営業)

練習は根性、試合は勇気

2013-09-29 16:57:15 | Weblog
青の洞門定休日の今日は、久し振りに2時間ジョグを楽しみました。九月もあと僅かになり、天気は上々の秋晴れでした。日中の気温は高く、走っているとすぐに汗が噴き出してきました。
阿弥陀寺から杵築神社を回って、昨日の青の洞門の営業成果に感謝して手を合わせました。杵築神社では、10月12日の秋祭りの準備で関係者の方が多数集まっていました。
普段は倉庫で眠っている大型の山車が引っ張り出され、祭りの飾り付けの化粧をしていました。神社の周辺の田園の稲刈りもだいぶ終わり、間もなく収穫の感謝祭が行われます。
その後あすか野を通り、生駒総合公園のある山を登って東生駒に下りてみました。普段は矢田丘陵遊歩道を通って、帝塚山大学までのアップダウンの多い山の峰を走ります。しかし、昨日までの仕事の疲れもあって、今日は弱気になって平道を選択しました
途中東生駒駅からの帝塚山大学に向かう長い坂道をダラダラ登って、やっと頂点の大学正門前に到着しました。ところがここで突然足がもつれて、歩道で一回転です。
擦り傷があちこちに出来て、多少出血もしました。恥ずかしさからすぐに立ち上がり、その場を後にしました。ゆったりとしたジョギングでもいつ何が起こるか、人生は油断禁物です。
さて、昨夜NHK特集でボクサー輪島巧一のドキュメンタリー番組を見ました。現役時代の輪島は、試合巧者の強打者でした。彼は、世界戦を6度防衛した実力者です。
輪島は自分が燃え尽きるまでリングを去らず、最後はマットに沈んでタイトルを失いました。チャンピオンのまま恰好よくリングを去るのは望まず、彼の生き方は力のある限り最期まで闘う真の王者でした。
現在彼が運営しているボクシングジムの壁には、輪島らしい標語が張られています。「練習は根性、試合は勇気」、その言葉はあの亀田三兄弟にそのままぶっつけたいと思います。勇気を持たなければ、相手を倒すパンチも出ません。
みんなが注目する試合こそ、一番勇気が要る大舞台だと思います。ボクシングの試合は、より強い勇気を奮った者が勝者となります。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

秋祭りの季節

2013-09-25 15:56:08 | Weblog
猛暑の夏が終わって、だいぶ凌ぎやすい季節となりました。そのせいか、最近は朝起きるのが弱くなっています。今朝もぐっすり寝過ぎて、慌てて飛び起きてジョギングに出かけました。
外は写真のように抜けるような青空で、やっとジョギングに相応しい季節となりました。でも、走り始めるとすぐに汗をかいて、まだまだ水分が欲しくなる状況です。
いつも立ち寄る杵築神社では、秋祭りの準備中でした。富雄川沿いの田園の稲が刈り取られた頃には、杵築神社の秋祭りが始まることでしょう。
さて、見損ねていた「半沢直樹」のビデオを深夜に見ることが出来ました。興奮の1時間半でしたが、主人公の出向での幕切れはちょっとがっかりしました。
かつて主人公が土下座をした常務に、最後は逆に土下座をさせた個人的勝利は、最後は出向という大どんでん返しとなりました。土下座をしてまで組織に残って闘う主人公の生き様は、メガバンクの中で働くという魅力が何でもさせるのでしょうか。
主人公は銀行という摩訶不思議な組織に固執することなく、他の世界でも十分通用する力量を持っています。銀行内の権力闘争の中で、自分の正義に拘るだけでは、社会的存在感が薄い気がします。
「半沢直樹」の倍返しは、最後には出向という形で、自分への3倍返しとして返ってきました。組織の中の正義と社会一般上の正当性は、同一に見るとどこかが狂っています。主人公は、今度は外の世界から銀行を見ることになります。続編があれば、また今年の夏以上の熱いドラマが楽しめます。
さあ、青の洞門も今日から予約が多く、忙しい週になりそうです。まだまだ暑く、エビス樽生ビールの出番は多いことでしょう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

秋分の日

2013-09-23 16:24:18 | Weblog
今日は「秋分の日」の祝祭日ですが、青の洞門は営業中です。「秋分の日」は、昼と夜の長さが同じといわれています。秋といっても今年は残暑が長く、本格的な秋はまだまだの様子です。
「秋分の日」と前後3日の7日間は、秋の彼岸と呼びます。先祖を敬い、お墓参りする人々も多く見かけられます。昨日ジョギングで立ち寄った、富雄の四天王寺大和霊園も多くの人達が押しかけていました。
「秋分の日」の食べ物では、「おはぎ」が一番に挙げられます。今日も「おはぎ」を作ろうかと家内と話していましたが、先日の「敬老の日」にお客さんに「おはぎ」をプレゼントしたので今回は止めました。
今朝のジョギングでは、いつもの猫屋敷の前で一匹の猫が暖かい日差しを浴びてのんびりとくつろいでるのを見ました。凌ぎやすくなったこれからは、また多くの猫達が朝から門扉の上での日向ぼっこをすることでしょう。
さて、昨夜はあの「半沢直樹」の最終回でした。見ようと張り切っていたのですが、先週の青の洞門の疲れが残っていて眠ってしまいました。
でも、番組はビデオに収録しており、今夜じっくり視聴しようと思います。結果は聞いてしまいましたが、続編があるのかないのか自分なりに解釈してみましょう。
「半沢直樹」は、「あまちゃん」同様に今年の話題作です。「倍返し」や「じぇじぇじぇ」で、流行語大賞を争うようで、テレビが再び人気娯楽に復活するきっかけになった番組です。
「あまちゃん」も今週で終了となり、人気番組が2つ消えて何か寂しい秋になりそうです。秋の新番組に期待して、またテレビの前に釘付けになるドラマの登場を待ちます。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「マー君」メジャーへ?

2013-09-19 16:13:43 | Weblog
プロ野球楽天イーグルスのエース「マー君」こと田中将大投手が、来期にはアメリカ大リーグに移籍の公算大とのことです。今シーズン負けなしの連勝記録を打ち立てた「マー君」の次の目標は、当然メジャーへの挑戦しかないでしょう。
アメリカ大リーグにはずい分日本選手が移籍し、ダルビッシュや黒田・上原などは大活躍です。「マー君」の力はダルビシュに及ばないまでも、それなりの活躍は出来るとメジャー側は見ているようです。
移籍金は25億を超えるというから、シーズンオフにはアメリカ球団の大争奪戦が勃発することは間違いないようです。国内敵なしの「マー君」ですから、世界一の大リーグでの活躍を期待します。
一方、国内ではプロ野球の加藤コミッショナーが、ようやく辞意を表明しました。今シーズン飛びやすい統一球に変更したことを公表せずに、コミッショナー内部で隠蔽したことが辞任の理由です。
ボールの仕様を変更したことを知らないと逃げていたニューボールは、加藤コミッショナーの名前が明記されています。責任のトップが知らない名前入りボールの誕生は、どうして生まれたのでしょうか。
国内のプロ野球のコミッショナーがだらしないから、一流選手は次々に海を渡って行きます。やったことはきっちり責任をとれる人がトップに立たないと、日本のプロ野球は滅びてしまいます。子供から大人まで好きなプロ野球の灯を消さないためにも、しっかりした組織を作って欲しいと思います。
さて、時の過ぎるのは早いもので、青の洞門は週の中日を迎えました。今週も順調な数字で推移しており、こちらも「マー君」に及ばないまでも、いい営業成果で9月を終えたいと思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

実りの秋

2013-09-18 16:27:12 | Weblog
朝のジョギングも気候が良くなったせいで、気持ちよく走れます。日中はまだまだ暑い日が続きますが、朝晩の涼しさはすっかり秋の気配です。
富雄川沿いに広がる田園地帯の稲穂もしっかり実について、まもなく訪れる収穫の時季を感じます。今年は夏が長かったせいで、今からの短い秋は駆け足で冬を迎えます。
青の洞門も9月に入ってからも忙しさが続き、このブログも暫くご無沙汰でした。ただ実りの秋といいますが、アベノミクスの影響か仕入れ価格が上昇して困っています。特に野菜類が異常気象もあり、躊躇するくらいに高値に張り付いたままです。
長いデフレが続いたせいで、料理を提供する側も低価格に慣れたせいか、今後の価格設定には悩みます。来年は消費税のアップも控えており、零細業者にとっては冬の時代への突入です。
さて、今新聞やテレビで盛んに取り上げられているのが、福島第一原発の汚染水漏れです。安倍首相が東京五輪招致のため、自信をもって世界に力説した汚染水は制御されているという言葉とは裏腹に、現実は大きな問題に発展しています。
新聞の特集記事によると、原発事故の原因は津波ではなく最初の地震によることが事実のようです。津波の前の地震による原発の破壊では、事故を防御できなかった人為的問題といえます。
今のところ東京電力が地震発生時の記録を全部表に出さない為、まだまだ真実は闇の中です。今からの調査で事実が明らかにされ、原発是非の新たな事態に発展するでしょう。
7年後の東京五輪は、果たして安全な空気の中で開催されるのでしょうか。今こそ事実を表に出し、汚染水対策を本気でやらなければ、平和の祭典の東京五輪をやる意味はないでしょう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

終わらない夏

2013-09-14 16:12:17 | Weblog
ここ数日また暑い日が続き、夏が終わらない可笑しな季節です。昨日今日は朝から蒸し暑い天気で、日課の朝のジョギングもたっぷり汗をかきました。
昨日は久し振りに、矢田丘陵中腹の王龍寺まで走ってきました。途中の飛鳥ゴルフ場そばの白鳥池では、今年誕生した白鳥の子は健在でした。
親子3羽は狭い池の中を、元気に泳ぎ回っていました。暑い夏を乗り切った白鳥の子の成長を、今後とも静かに見守りたいと思います。
さて私ごとですが、日々平凡に仕事に取り組み淡々と生きています。時間というのは進むだけでなく、逆戻りすることもあります。そんなタイムスリップするような、懐かしい時代への後戻りの話です。
昨日、サラリーマン時代に2年半いた東大阪支店の女子社員から突然電話を貰いました。来月、当時の女子社員が揃って青の洞門に結集するとのことです。
彼女たち全員とはずい分会ってはいないのですが、あの時代は今年の夏より熱く仕事をした記憶があります。そのメンバーの中での数人は、先日訪ねて来て長い時間の空白を感じさせない対面でした。
来月の女子会では、みんながその後の生き様をピーチクパーチク喋りまくることでしょう。若くて元気だった彼女たちの今が、幸せであることを願わざるを得ません。
さあ、本日の青の洞門は予約で席が埋まりました。昨日同様忙しい日となることは、間違いありません。いい仕事をして、いい結果を出して、明日の定休日にはゆっくり自分の時間を楽しみましょう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「大分かぼす」届く!

2013-09-12 15:24:36 | Weblog
昨日、大分県由布町の大野さんから、待望の「大分かぼす」の初物が届きました。青の洞門では、「大分名物とり天」に時季の「大分かぼす」を添えて提供しています。
写真のように青いかぼすからは、香りのいいたっぷりの果汁が出てきます。青の洞門では昨日より「大分名物とり天」には、「大分かぼす」を添えています。
今日の青の洞門の賄いは、「大分名物とり天」です。青いかぼすを揚げたてのとり天に、たっぷり絞って頂きました。大分の香り漂う初物のかぼすは、今回も絶品でした。
大分かぼすに続いて、今日は埼玉から「白岡の梨」が届きました。娘の高校時代の友人の実家からの贈り物です。
毎年頂いていますが、今年も大きくて甘い「白岡の梨」は美味でした。梨は果物の中でも、程よい甘さで大好きです。日々、大事に頂きたいと思います。
さて最近見ることのなかった、大相撲の把瑠都が引退したとのニュースが流れました。かつては横綱目の前まで行った把留都も、ケガには勝てませんでした。
大型力士として将来を期待されましたが、自分の巨体に自滅した感じです。いくら大きくても、自分の身体をコントロール出来なければ強くなれません。
日本の今の首相も強い国を目指して、経済拡大や軍備増強を目指しています。でも、自分の国を知ってこそ、目指す国家の姿が見えてきます。
小さな資源の乏しい島国の日本が生き残る途は、賢い政治と円滑な外交力だと思います。ひたすら強い国ぶるのではなく、小さな国らしい先端技術力で大国間との対等な経済力で生き残るしかありません。
把留都は引退しましたが、日本という国家は存続しなければなりません。国家の引退は、消滅しかありません。今後日本がどこに向かうのか、チェックするのは我々の義務であり責任でもあります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東京五輪効果

2013-09-09 15:11:34 | Weblog
青の洞門定休日の日曜日の早朝、テレビからの騒がしい音声で眼が覚めました。2020年の五輪開催地が東京に決定したという、興奮気味のニュースでした。
直前まで福島原発汚染水漏れで不利との下馬評でしたが、東京が五輪レースに競り勝ちました。どんな勝負でも、結果は最後まで分からないものです。
これはスポーツの祭典といっても、所詮開催地決定は政治の世界の競争です。近年は外の政治に弱い日本が、やっと表舞台で勝てたような感じです。
事前に国民の間では関心の薄かった東京五輪開催は、決まった以上被災地東北を見据えてやって欲しいと思います。東京五輪まで僅か7年しかありませんので、本番の東京五輪開催前には、東北大震災の被災地の完全復興も併せて実行して欲しいものです。
東京五輪効果か、今日は株価も上がって今後の日本経済の活性化が見えてくるようです。でも、五輪を含めた今後の公共事業等の影響で、日本経済はますます借金依存体質から脱出できません。冷静に考えてみると、東京五輪後の経済状況はどうなっているのか怖い気がします。
さて今朝のジョギングは、すっかり秋めいた季節の中を走りました。あの強烈だった猛暑の日から間がないのに、陽射しは秋の気配を感じさせます。今後、冬のマラソンシーズンに向けて、しっかりと長い距離を走りましょう。
早いものでまた、青の洞門の新しい週がやってきました。日中はまだまだ暑く仕事の疲れを癒すには、よく冷えた生ビールが似合います。開栓したばかりの新鮮なエビス樽生ビールを飲みに、今夜は青の洞門の暖簾をくぐってみてはどうですか。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

12ヶ月点検

2013-09-07 16:14:24 | Weblog
青の洞門定休日の明日は、愛車の12ヶ月点検で奈良トヨペットに行ってきます。車も毎日乗っていると消耗する箇所も出てくるため、今後の安全運転のための点検です。
この法定12ヶ月点検は、法律で受けるように定められています。しかし、現実には点検に出す人は少ないようです。
というのはこれは、車検と違って受けなくても罰則はありません。定められた法律に罰則規程がないのは、何とも不思議なことです。
でも明日点検を受けて、安心してハンドルが握れるようにします。車の構造に素人な人間でもあり、定期的に専門家によく見てもらいましょう。
車に12ヶ月点検があるように、人間も1年に1回は身体の検査が必要です。会社を去ってからも、1年に1回は定期健診に通っています。
診断の結果今回も異常はなく、また安心して仕事に取り組めます。生きている限り、人間も車同様にいろいろガタがきます。病気を早期発見し、早期治療にかかることで、人生の安全運転が可能です。
さて、2020年東京五輪開催の選考結果がまもなく出ます。福島第一原発の汚染水漏れがマイナスとなって、東京は苦戦の様子です。
福島原発問題が何も片付かない中で、国は原発再稼働を唱え、国家元首は日本の原子力技術を海外にPRしています。何かが狂った今の政治状況で、国民が安全に生活出来る世界はどんどん遠くなっています。
目の前の問題を整理すればするほど、今の日本が五輪を開催する資格があるのか疑問です。現状あるリスクを解決し、世界に堂々と五輪開催を申し出るのが正当なやり方のような気がします。
オリンピックは開催中は華やかでも、終わった後は悲惨な例が過去にはいくらでもあります。今以上の赤字国家にならないような、健全な五輪招致活動に徹して欲しいと思います。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

遅れてきた秋の気配

2013-09-05 15:50:40 | Weblog
この前まで猛暑が続いていたのに、最近の朝晩はめっきり秋らしい気配を見せています。それでも日中はまだ暑く、「スポーツの秋」の訪れにはまだ遠いようです。
今朝のジョギングは、昨夜降った雨上がりの道を走りました。雨が降ったせいか気温も下がり、走っていて呼吸の楽な1時間でした。
最近の天候は、予想を超えた急変ぶりに驚くばかりです。埼玉・千葉・栃木での竜巻の発生は、過去にない大被害の映像をテレビが映し出していました。
人間の文明の発達とともに地球はその犠牲となり、自然界は今その反撃をしているのでしょうか。人間が進歩をある程度抑えないと、この地球での人類の生活は永遠ではないでしょう。
さて先日の亀田兄弟のボクシング世界戦は、予想通りの結果に終わりました。ボクシングにならないようなにらみ合いの末、亀田大毅は判定で勝利しました。
この対戦には摩訶不思議な点が、いくつかあります。
 ○王座決定戦でありながら、何故ランキング3位と4位の選手が戦うのか
 ○試合前の計量の際、日本ボクシングコミッショナー(JBC)が何故立ち会えなかったか
 ○計量時間を2時間も早めて、JBCが知らない場所でやったのは何故か
疑問点はいくつかありますが、亀田は試合前に実権を握ったプロモートの巧さで勝っています。今後も3兄弟は批判を受けながらも、強い弱いに関係ないチャンピオンであり続けるでしょう。 
昨日の青の洞門は、亀田のだれた試合とは違う活気ある忙しさでした。平日の雨の日にも関わらず、何故か週末のような賑わいでした。こんな日が続けばいいのですが、世の中は甘くはありません。
今日の青の洞門が、また元気の出る営業成果となるように期待します。まだまだ仕事の後には、生ビールが飲みたい季節です。エビス樽生ビールは、日々のサーバーの清掃で今日も美味しく頂けます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加