青の洞門草紙

家庭料理と酒肴の店「青の洞門」0742-41-9845 17:00~23:00 日曜休み(祝祭日営業)

大晦日

2010-12-31 18:46:34 | Weblog
とうとう2010年の大晦日を迎えました。今年は暑く長い夏が続きましたが、政治や経済はすっかり冷え切った年でした。そのせいか、飲食業界にとっては、厳しい環境下での生き残り競争でした。こうして、何とか新年を迎えられることは、青の洞門にお越しいただいたお客様のお陰と本当に感謝です。
12月は、それまでの月と様変わりして、季節要因もあって忙しい日々の連続でした。昨日・一昨日は、売上記録が出るほどに活況がありました。すっかり疲れ果てた身体で、本日は店の掃除と餅つきに精を出しています。紅白が始まる前には、家に帰りたいものです。
さあ来年は、どんな年になるのでしょう。社会のせいにせずに、自分の責任で強く生きてみたいと思います。青の洞門も、4月で7周年を迎えます。年男でもあり、記念すべき一年にしたいものです。
10月には、新設の大阪マラソンがあります。この都市マラソンに何とか出場して、42.195キロの大阪の街を楽しんでみたいものです。そのために、元旦より走り込み開始です。
2010年は、あと数時間で去ってしまいます。皆さま、良い年をお迎えください。一年間有難うございました。来年も、この拙い「青の洞門草紙」の雑文に、お付き合い下さい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

年賀状

2010-12-29 15:32:27 | Weblog
毎年締め切りを過ぎての年賀状作りが、ようやく日曜日にほぼ完成しました。今年は購入枚数を減らしたため、不足分は翌日郵便局に駆け込みました。
もう無いだろうと思っていた年賀状は、きっちり在庫していました。最近は年賀状よりメールで用を済ます人が多いのでしょうか。でも、会う機会のない人達との一年に一度の接点である年賀状は、貰って嬉しいものです。
形式的な年賀状ではありますが、メールとは違う重みがあります。今まで生きてきた中での、人間関係の確認作業である年賀状作りは、一年に一回はやるべきだと思います。
早いもので、2010年もいよいよ今週限りとなりました。昨日・一昨日と、青の洞門は忙しい日が続きました。
昨日は、荒れた天候で暇と思っていたところ、遅い時間まで多くのお客さんで賑わいました。仕事納めのサラリーマン達が次々と来店され、疲れましたが充実の一日でした。
有難いことに今日・明日も予約が多く、2010年ももうひと踏ん張りです。良い形で新年を迎えたいものです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

正月の準備

2010-12-24 15:33:09 | Weblog
今朝のジョギングで立ち寄った、杵築神社の本殿前には、すでに立派な門松が飾られていました。早いもので、来週末には新年を迎えます。今日はクリアスマスイブ、時は駆け足で過ぎていく慌ただしい師走の時季です。
平成22年の残された僅かの時間で、年賀状も書かなければなりません。毎年、徐々に枚数は減ってはいますが、まだまだ大変な作業量です。今度の日曜日には、何とか仕上げたいと思います。
一年に一回の便りが、賀状に代わっている友達もいて、これは義理堅く行わなければならない仕事です。ちょとした縁で、また会う機会もあり、年賀状は大事な作業です。青の洞門を開店してから、昔の友達が遠方から何人も訪ねてきます。これも、年賀状と居酒屋という会える場所を作ったからでしょう。
本日は大半のひとの給料日で、銀行は行列ができるほどの混雑ぶりです。このお金が、青の洞門に回ることを祈ります。寒い日で、クリマスイブということなので、今日の営業は心配です。昨年は、彼女のいない学生たちのやけくそ気味のXマスパーティが、洞門で行われました。今年も大歓迎です、いらっしゃ~い!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ブログ効果

2010-12-23 16:28:43 | Weblog
この「青の洞門草紙」のブログも、始めてから二年以上が経過したでしょうか。最初は、居酒屋での飲み方や言動に関する店側の堅い意見も書きましたが、最近はいたって穏やかな雰囲気の文章になってきたようです。まあ、そのくらいお客さんの層が、ここ数年で良い方向に変わってしまった結果でしょう。
最近は、ブログを見たお客さんから、カウンター越しに声をかけられます。これも、馴染が薄いお客さんとの接点となる、ブログ効果でしょうか。ブログは、個人的な記録やメモですが、公になる以上は責任のあるものでなければなりません。今後とも、青の洞門を中心とした日々の些細な出来事を、前向きに記録したいと思います。
著名人のブログで、今年一番見られたのは、男性では向井理、女性では前田敦子だということです。向井は「ゲゲゲの女房」のヒットで一躍人気者となりました。前田は社会現象にもなっているAKB48のメンバーです。
この二人のように、ここまで多くのひとに読まれると、簡単にメモ程度のブログは書けません。密やかに、少人数の方を相手のブログの方が、よっぽど気が楽かもしれません。そんな負け惜しみを言いながら、自分のブログに向かいます。
今日は「天皇誕生日」で、祝日です。青の洞門は、雨と祝祭日に弱いのです。昨日までの、師走ならではの勢いを止めたくありません。忙しい一日であって欲しいものです。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マラソンランナーの光と影

2010-12-20 15:39:09 | Weblog
朝方の雨も上がり、今日のジョギングは、すぐに汗ばむような陽気でした。ここ二三日の寒さが遠のき、日中は暖かさが戻ってきそうです。
写真は、御嶽神社へ抜ける林の抜け道です。すっかり落ち葉の絨毯となった小道は、見る限り冬の気配です。しかし、異常気象の影響か天気は定まらず、暖かくなったり寒くなったりと、近年は季節泣かせです。
さて、昨日は全日本実業団女子駅伝が、岐阜で行なわれました。あの野口みずきが、エース区間に出場とのことで期待しましたが、残念な結果に終わりました。
アテネ五輪での、金メダル獲得時の面影はなく、かつての跳ねるような走りではありません。アテネ以降は、怪我に泣かされて引退間際の状況にあるようですが、もう一度栄光の座を射止めて欲しいものです。
同じ金メダリストのQちゃんも、最終的には怪我が治らずに引退を選択しました。マラソンは、極限まで自分を追い込んでの練習ですから、怪我と隣り合わせのスポーツです。マラソンランナーの光と影は、我々人生の縮図でもあるようです。
さあ、青の洞門の営業も後半戦を迎えました。先週末は師走でもあり、大勢のお客さんで賑わいました。商売柄ずっと立ちぱなしの仕事のため、就寝時足の筋がつって大変な思いをしました。
今週は、仕事前にストレッチを十分の対策で、忙しい師走を乗り切りたいと思います。今日も天気はよく、今は何か嵐の前の静けさのようです。さあ、気合いを入れて、元気よくお客さんをお迎えしましょう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

冬型気圧配置

2010-12-16 15:42:23 | Weblog
今日の奈良地方の最高気温は7度、最低は0度と冬型の天気です。朝のテレビによると、各地から雪の便りが届く、平年以下の寒い朝です。
この寒空でも、日課のジョギングは励行です。走ってみると、風は冷たいのですが、まだ本格的な寒さではなく、暫くすると汗をかき始めました。
さて、最近のニュースで注目の民主党内の小沢派・反小沢派の内紛も、まさに冬型の気圧配置です。小沢元代表の衆院政治倫理審査会への出席を拒否していることで、両派の対立はますます深まっています。
船頭が多い民主党の行く先は定まらず、政治以上に経済までも低迷しています。昨年、歴史的な政権奪取を実現した、あの輝かしい民主党はどこに行ったのでしょう。来年はいい年になるように、年内には問題解決をして欲しいものです。
早いもので、師走も半ばを過ぎました。青の洞門は、今週・来週が予約のピークの様子です。この繁忙期に無理して身体を壊さないように、しっかり健康管理をしたいものです。
(写真は、今は亡き我が家の我がままもの「ピーちゃん」)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本酒離れ

2010-12-13 16:29:00 | Weblog
今朝は、ジョギングに向かおうとした途端に、雨が落ちてきました。たいした雨でもなかったので、そのまま走りは続行です。雨の中、道端に木の葉が散っていて、暦通りに師走の気配です。
雨の日は、青の洞門最大の天敵です。雨が降れば、客足も遠のくため、気分も盛り上がりません。早く雨が上がって、家路に着く前に、寄り道しようとする気持ちになる天気に、快復して欲しいものです。
さて、ビール類の2010年の出荷量が、6年連続過去最低を更新する見通しだそうです。同じく、日本酒も10年で販売量が40%減少しているそうです。この日本酒離れで、看板を下ろす蔵元も多いとのことです。
しかし、上質な日本酒はリンゴ酸をたくさん含み、白ワイン以上に魚料理に合うそうです。日本酒は、日本料理だけでなく、フランス料理やイタリア料理にも、白ワイン以上に相性がいいそうです。
青の洞門でも、最近は日本酒の消費量が増えています。特に、純米酒の指名が増えて、五神純米酒は人気があります。淡麗辛口が売り物の五神純米酒は、辛口というよりも飲みやすさが人気の秘密のようです。
奈良は日本酒発祥の地です。美味しい地酒は、いっぱい埋もれていることでしょう。勉強して、美味い日本酒を発見したいと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

間寛平「アースマラソン」

2010-12-09 15:36:57 | Weblog
間寛平の地球一周「アースマラソン」が、年明けにいよいよゴールします。二年前に日本を出発したこの無謀なる冒険は、ようやく完結しようとしています。
太平洋をヨットで渡り、あのロッキー山脈を越えて、再び海に出て、ヨーロッパからアジアへ向かう、気が遠くなるマラソンです。走る距離もすごいが、知らない異国の地を巡ることは、リスクもあり体力だけでなく強い気力も必要です。この結果を見て、間寛平の凄さを感じます。
途中、前立腺ガンが発症し、その治療をしながらも走り続けました。二年間という年月は、色んなことが起こります。それでも、「アースマラソン」完走のゴールを迎える間寛平の強靭さに驚きです。
今、世の中は空前のマラソンブームです。老いも若きも、週末には富雄川沿いをカラフルなランニングウェアで、ジョギングしています。だから、都市部の人気マラソンは、応募者が多く、なかなか参加出来ません。このブームが、一過性の現象か、定着するのかは、まだまだ分かりません。
先日の奈良マラソンの後は、翌日からジョギングしていますが、膝に多少後遺症が残りました。マラソンは、長い距離もそうですが、天候に左右される過酷なスポーツです。普段から身体をケアーして、走り込んでおかなければなりません。また、42.195キロを走れるように日々鍛錬です。
さて、昨夜は平日にも関わらず、青の洞門は大賑わいでした。師走なので、営業面もなんとかこの調子で推移して欲しいものです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

奈良マラソン

2010-12-06 14:59:54 | Weblog
平城遷都1300年記念の最後を飾る奈良マラソンは、快晴の日曜日に行われました。1万人参加のフルマラソンだけに、スタートの合図も聞こえずに、なかなかスタート地点に着けない状況でした。
スタート地点のゲスト高橋尚子の激励の声を聞きながら、鴻池陸上競技場から市街地に繰り出しました。途中、そのQちゃんが、後ろからスペードを上げて走ってきたのには、吃驚しました。
朱雀門や奈良公園での大勢の応援の人々の市街地を抜けてから、折り返しの天理に向かう道は山道でした。アップダウンが多く、足にダメージが残る難コースです。坂道で歩いているランナーが多かったのですが、今回のレースは、疲れても絶対歩かないと決めていたので、かろうじて足は前に進んでいました。
フルマラソンは、過酷なスポーツです。30キロを過ぎてからの長い道のりは、スピードを競わない素人ランナーでも、厳しいものです。
ゴール地点の陸上競技場が見えた時は、感動ものです。トラック内では、Qちゃんがゴールするランナー達を出迎えていました。Qちゃんと握手して、念願のゴールです。42.195キロは、長い闘いでした。
今朝も日課であるジョギングは励行です。疲れが足にきて、ゆっくりの走りです。今日も朝から良い天気で、多少は足の痛みもありましたが、気持ちよく汗をかきました。
今日の青の洞門は、師走でもあり、週の初めから予約が入っています。マラソンの疲れを忘れ、さあ頑張りましょう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

たなかの柿の葉寿司

2010-12-04 15:55:23 | Weblog
平城遷都1300年記念の奈良マラソンは、いよいよ明日開催です。ゼッケン引き渡しが前日受付のため、朝一番に鴻池競技場まで行ってきました。20分前に到着したのですが、会場は多くの参加者たちでいっぱいでした。
例年実施されている奈良大仏マラソン延長のこの大会には、「たなかの柿の葉寿司」が協賛しています。参加賞の柿の葉寿司は、毎年楽しみなお土産です。しかし、今回の柿の葉寿司は、極めて小さくサイズはタバコの箱並みです。
フルマラソンだけでも、1万人が参加する大会だけに、柿の葉寿司もやむなく小型化せざるを得なかったのでしょう。当然、2切れの柿の葉寿司は私の口には入りませんでした。
さて、昨日の青の洞門は男性客中心に推移しました。ゴルフ帰りのお爺ちゃんたちの大グループの後は、いいタイミングで金融関係の一行などが入れ代り、バタバタでした。席が巧いこと回転して、納得の営業成果でした。
師走の週末でもあり、本日も良い結果が出せそうな予約ぶりです。明日午前9時スタートのマラソンのため、今日だけは時間通りに営業終了したいものですが・・・。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加