青の洞門草紙

家庭料理と酒肴の店「青の洞門」0742-41-9845 17:00~23:00 日曜休み(祝祭日営業)

そうめんとひやむぎの違いは?

2017-08-11 16:22:41 | Weblog
膝の故障でここ三年ばかりは、フルマラソンは走ってはいません。ただ年に二・三回は、10キロ走には痛み止め注射を打って参加していました。
今年の年末の奈良マラソンには、インターネットで申し込みをしましたが繋がらずに定員オーバーとなってしまいました。最後の手段の専用払込用紙を取り寄せてやってみましたが、これも結果は落選となりました。
大仏マラソンから毎年参加してきた奈良マラソンも、今年はお預けとなりました。仕事柄忙しい師走の大会でもあり、今回の落選はやむなしと考えるしかありません。
さて、昨日の新聞にそうめんとひやむぎはどう違うかの記事が出ていました。暑い日はのどごしのいいそうめんやひやむぎは美味しく、夏の風物詩でもあります。
青の洞門では、徳島のつるぎ町の手延べ半田そうめんを取り寄せています。少し太めのそうめんですが、一般的なものと比べコシがあってとても美味です。
半田そうめんは太めなので、スープやソースによく絡み色んな食べ方が楽しめます。そうめんとひやむぎは手延べ製法の場合、太さが1.7ミリ未満ならどちらを名乗ってもいいそうです。
奈良にはそうめん発祥の地として伝わる、三輪そうめんがあります。そうめんは、奈良時代に中国からこの地に伝わったそうです。
8月も中旬となりましたが、今日も暑い一日となりました。こんな日こそ青の洞門の半田そうめんで、熱くなった体を冷して下さい。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 世界陸上、川内ラストラン | トップ | 夏のカレーライス »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL