青の洞門草紙

家庭料理と酒肴の店「青の洞門」0742-41-9845 17:00~23:00 日曜休み(祝祭日営業)

稀勢の里の休場!

2017-07-14 16:40:55 | Weblog
7月12日は「青の洞門」の開設以来、初めての臨時休業となりました。家内の持病による一日入院のため、やむなくこの日はお休みさせて頂きました。
事前に予約をお断りした方々や、当日お休みを知らずにお越しいただいたお客さんには申し訳なく思っています。翌日からは平常通りに営業を続けていますので、またのお越しをお待ちしています。
今開催されている大相撲名古屋場所も、ケガ人続出で大変です。日馬富士や照ノ富士に続き、期待の横綱稀勢の里までが休場となりました。
稀勢の里は先場所も休場しており、ケガが完治しないまま出場したのでしょう。稀勢の里の守りの相撲は見たくありませんので、早くケガを治して復帰して欲しいものです。
最近の大相撲はケガが多く、期待された力士がいいところで挫折しています。力士が大型化したこともあるでしょうが、技の多様化にも原因がありそうです。
現在の力士はモンゴルを中心に、多くの国から夢を追って集結しています。彼らは子供の頃から、自国での相撲とは違った格闘技に馴染んでいます。
大相撲界にはなかった大技が時折みられる土俵なので、それに受け身を知らない日本人力士はケガをすることも多いようです。こういった荒業にも対応しなければ、今の大相撲界では天下を取れないでしょう。
白鵬の独り舞台の大相撲が続きそうな今場所ですが、後は日本人力士の金星に期待するしかなさそうです。一強時代というのは、どんな世界でも面白くないので、後は嵐を呼ぶ力士の出現を待つだけです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« NHK朝ドラ「ひよっこ」 | トップ | 中華料理「桃谷楼」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL