青の洞門草紙

家庭料理と酒肴の店「青の洞門」0742-41-9845 17:00~23:00 日曜休み(祝祭日営業)

夏休みの宿題

2017-07-25 15:16:39 | Weblog
今朝散歩で立ち寄った杵築神社の本殿裏の森の中では、蝉の鳴き声がやかましく響いていました。蝉の声を聞くと、聴覚からも夏本番の季節を肌で感じます。
今は子供たちも夏休みで、朝の散歩ではその姿も見かけません。夏休みと言えば、子供の頃に悩まされた自主課題の宿題を思い出します。
これは自分で課題を見つけ、夏休み期間中に継続しなければならない根気いるものでした。ある夏休みの私の課題は、海の波の高さでその日の天候や風力を探るというものでした。
ある雑誌でこんな研究記事を見つけ、自分で取り組んでみようと始めました。これは日々海に出かけ、波の様子をスケッチすることから始まります。それを元に、その日の天候を占うという実に単純な作業でした。
私の家から海までは子供の足で30分、毎朝休みもせずに波の観測に出かけました。こうして苦労して完成した研究課題は、担任の先生からは全く関心を持たれませんでした。
一方私の仲良しだった山崎君は、同様に天候に関するものを課題にしていました。これは新聞に発表された天気のデータを日々記録し、一覧表にまとめ上げたものでした。
この表は実に見栄えもよく、先生からも絶賛されていました。内心私は毎日現地まで赴きやった研究と、新聞記事だけで集めたものとは内容が違うと思っていました。
この要領のよかった山崎君とは、東京の学生時代や就職してからも長い付き合いでした。ところが東京勤務時代に突然音信不通となり、今は行方が分かりません。
いつか山崎君とは、高円寺時代のようにお酒を酌み交わしてみたいものです。吉本隆明と頭脳警察が好きで、やたら議論を吹っかけていた山崎君は今どうしているのでしょうか。
さあ、青の洞門の七月もあと僅かとなりました。今週は富雄北のお祭りもあり、週末はその忙しさに振り回されそうです。日々続く酷暑にも負けずに、元気で無事にお盆休みのある八月を迎えたいものです。








ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 白鵬の最多1048勝 | トップ | 「黒革の手帳」武井咲編 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL