青の洞門草紙

家庭料理と酒肴の店「青の洞門」0742-41-9845 17:00~23:00 日曜休み(祝祭日営業)

波乱の大相撲夏場所

2017-05-15 16:18:51 | Weblog
昨日の青の洞門定休日は、お店のエアコンの掃除を業者さんにお願いしました。2台の業務用エアコン掃除には、朝9時から午後3時過ぎまでかかりました。
定期的に行っている大掃除ですが、エアコン内部は油や煙草で汚れていました。これで明日からは、気持ちよくお客さんをお迎えできます。
今年の夏は暑くなりそうで、きれいになったエアコンは十分頑張ってくれるでしょう。日本の夏は年々暑さが増して今の時期から夏日のような暑が続き、本番の真夏はこのエアコンの活躍に期待したいと思います。
さて、昨日から始まった大相撲夏場所ですが、初日から波乱の幕開けとなりました。会場の国技館は、大声援が一瞬にして悲鳴のため息に変わりました。
期待の横綱稀勢の里にあっさり土がつき、波乱の大相撲夏場所となりました。勝負の内容は、格下の嘉風に一方的に押し込まれてしまいました。
敗因は先場所から痛めている左腕のせいか、大人気の重圧かは定かではありません。ただ、ケガがあっても場所入りした以上は、横綱として一切言い訳はできません。
今後は、横綱の自覚で自分を奮い立たせて欲しいものです。名横綱双葉山の言葉に、「稽古は本場所の如く、本場所は稽古の如く」があります。
十分な稽古が出来なかった稀勢の里ですが、出場に踏み切った勇気を力に変えて欲しいと思います。今日からは、本来の力強い稀勢の里の姿を見てみたいものです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大相撲人気復活! | トップ | 一強時代の終わり? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL