青の洞門草紙

家庭料理と酒肴の店「青の洞門」0742-41-9845 17:00~23:00 日曜休み(祝祭日営業)

梅干し漬けの季節

2017-06-13 16:03:51 | Weblog
先週末から青の洞門では、梅酒・梅干し作りの作業に追われました。とは言っても、作業は私ではなく妻と娘の毎年恒例の仕事です。
梅酒は奈良産の梅10キロを使って、漬け込みました。また梅干しは和歌山産の南高梅を30キロ使いました。梅干しはこの後ももう少し漬け込むようで、桃に近い梅の香りはまだまだ消えません。
南高梅の梅干しは肉厚で皮も柔らかく、青の洞門でのお客さんの評判も上々です。お店がある限り、この季節の恒例の作業は続きます。
さてこれも恒例ですが、柳川の徳ちゃんから夏のご挨拶のお品が届きました。今年は、どでかい熊本産のマスクメロンでした。
一週間後が食べごろだそうで、今しばらくはお預けの体制です。震災で大変だった熊本の人々の苦労を思い、大事に頂きたいと考えています。
熊本は過去に3年ほど勤務した場所であり、懐かしく当時を思い出します。熊本を象徴するあの痛んだ熊本城はどうなったのでしょうか、時折熊本の復興状況が気になります。
徳ちゃんのお返しには、「高山あられ」と「奈良漬け」を考えています。「高山あられ」は前回送って好評であったため、本日工場に出向き手にしました。「奈良漬け」は、奈良を代表する山崎屋のものを考えています。
さあ今日の青の洞門は、天敵と戦わなければなりません。今夜、W杯予選のサッカー中継が21時から行われます。サッカー中継の日は、お客さん数は極端に少なくなります。
今回は敵地での試合のため、微妙にゴールデンタイムからずれています。日本チーム同様に、青の洞門もこの闘いに勝利しなければなりません。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 梅雨入り | トップ | 梅雨の中休み »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL