葬送 なるほど 家族葬 八千代市の葬儀

一日/一生   「道順庵」のつれづれ草 水琴窟に癒されて

通夜は必要・・

2016-10-15 17:17:12 | 創業者の言葉


通夜はある意味必要だと私は思います

通夜は、朝までの時間が長いですから

想いを巡らしたりする時間が持てます

故人と向き合う時間は

今しか無いわけですから

喧騒を離れた夜のほうが気持ちもこころも

故人に近くなれのではと思います

たとえば親戚の皆さんが来て

いろんな話をしては帰られた後は

本当の静寂さが訪れ・・

寂しさや悲しみを助長するかも知れませんが

それこそが、夜通しの通夜を営むから体験できるのだと

思います

そして

愛すべき人だからこそ感情がでてくるもの

そんな感情の発露は

思いやる優しさのあらわれでもあるのでは

ないでしょうか

やがて時計の針は

それらを包み込んでは

朝が訪れ

小鳥の囀りで目覚めた後

お別れの章に立ち向かうという

こころの準備ができるのではないでしょうか・・

通夜の刻は

自分に正直になれる時間かも知れません・・・

         


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« コップ一杯の幸せ | トップ | たまにしか使わないもの »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。