葬送 なるほど 家族葬 八千代市の葬儀

一日/一生   「道順庵」のつれづれ草 水琴窟に癒されて

華がある

2016-09-25 13:37:06 | 道順庵の徒然草


華があると人が寄ってきます

華があるとそこで働くのが好きになります

さて

ここでの華はなんでせうか・・

道順庵では

花が華でもあります

四季折々にそっと咲く花たちは

何も言いませんが

きっとそれなりに見えない苦労があるのかも

知れません

だからこそ

大事にしたいものであります





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

季節は変わるからいい

2016-09-24 13:42:56 | 道順庵の徒然草


季節は花たちの便りを届け

虫たちの声を聞かせ

薄着か厚着かを体感させてくれます

巡りながらも

毎年同じじゃない

う~むぅ・・

人を飽きさせない計らいなのでありましょうか

それとも

いい季節は少しだけにして

「来年」に目標をもたらす仕掛け?なのでありましょうか・・

本来、秋はとても良い季節のはず

なのに、雨ばかり・・

「秋はこうでなくちゃ・・・」という

天高く・・のハレは何時になるやら・・

  秋雨の

   続く長さに

      飽き来る・・・トホホ・・

      




               
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

不思議ですね・・

2016-09-23 12:10:20 | 道順庵の徒然草
毎年この時期になると

必ず咲くのが彼岸花です

今年は天候不順のせいか、早く咲いたり遅れたりと

個々の差がありました

それでも

ちゃんとこの時期に咲くのは

不思議ですねぇ・・・

         

こうも天気が悪ければ、お墓参りも

う~むぅ・・「行きたくないなぁ・・」などと

思ってしまいますね

特に山の中にある小さな墓地は

「舗装」などされておりませんので

ヌカルミのなか急坂を歩かなくてはたどり着けませんから

雨には困りものです

そんなわけで、こいつも

すっかり出不精になりました・・・・

       

晴れの日を待ち望んで惰眠を貪れば

起きて目が腫れ・・・なんてことに・・・

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ラッシュ

2016-09-20 15:31:25 | 世の中のこと


ここのところ台風が山手線のように

次から次へとやってきます

もちろん呼んでもいないし、声すら掛けていないのであります

日本の天気は今後どうなるのでしょうか・・


(仮説)
して、20年後の日本は

災害復旧が出来ず朽ち果てた家屋が虫たちの住まいになったり

河川の氾濫に橋の復旧が追いつかず

各地の被害額甚大で売り上げがた落ち、税金は上がらず

国家の破綻もちらりほらりと・・

まるでSFの世界になっていたりして・・

う~むぅ・・

日本は大丈夫かいな・・



「この台風による被害は数百億・・」なんてニュースは毎日のように

流れます、そして復興には天文学的な数字が並び

人々の夢は流され・・

それでもこつこつと一から始めなければ・・・

・・・

もう・・そろそろ・・

自然災害は「たまにくる」から避けようがない・・から

「毎日来るから」対策を・・の時代に

なってきているのです

お家の概念も、対災害用の専用家屋に変わっていくような

気がいたします(そんな家ができるのかな?・・)

すんでる地形で災害率は極度に上がるでしょうから

簡単ではないでしょうが・・

さらに、被害を受けやすい農業はどうなるのでしょうか

だれか、台風を止める策を考えてくれませんか・・


          



           



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シンプル

2016-09-14 17:29:33 | 趣味


軽自動車の話です

ダイハツから新しい車種「キャンバス」なる車が販売されました

この車、何かに似ていると思ったら

そう・・昔のVWワーゲンバスであります

ツートンカラーのキャンバスもイメージがそっくり・・・

う~むぅ・・



早速販売店へと見に行きました

最近の多くの軽のワンボックスは、いやらしい顔つきやごてごて感の

押し出しの強い車から見れば

シンプルでプレーンな面の構成車体は好感が持てますね


軽は維持費が安いですから

そのうちに・・と考えてはいるのですが
(S660やロードスターはどうなっちまった?のでありましょうか・・)笑


価格はグレードがよく、くだんのツートンカラーとかナビセットをつければ

180万くらいになりそう・・

カタログを手に・・

やっぱ、今の車の車検取るのが

一番経済的かなぁ・・・

欲しいけど「買わない」・・

などと「負け惜しみ」に近い能書きを垂れながら

カタログを食い入るように見ている

今日この頃です・・

        

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

汚染されていた

2016-09-12 11:12:09 | 世の中のこと


東京都の築地移転先の土壌汚染による土盛りの問題は深刻かも

知れません

この問題は土壌だけに根がどこまで蔓延っているのか・・

というか

安心、安全神話とか、気がつかないまま信じてしまい

お上への従順感が不安を抱かない体質を育て

(信じてます症候群)に自分が汚染されて居ないかを

検証するチャンスでもあります

今一度「ほんとかな?」を考えてみることも必要では

ないでしょうか・・


東電の福島の原発の問題もそうでしたね

お役所さんやお抱えの学者さんや、大企業の尤もな話は

日本人は信頼感を抱いては裏切られているようです

建前と本音の狭間で理屈を並べる能力は素晴らしい人たちは

土を盛るより「話を盛る」のが得意なのでしょう


とかく「だって安全だっていってるんだから」間違いないんっじゃない

などと楽観視して

自分たちには関係ない・・・?などと思うのは

こと、何かが起きてから「だまされた」などと騒がないように

冷静な判断が

一人ひとりに課せられているのではないでしょうか

いつのまにやら気がつかないうちに「大丈夫」という

第三者的な考えに汚染されてしまったかも

知れないのですから・・・


今回の件で知るべき要素は

「どうしたら自分たちの方向性へ結果をもたらすか」

というお役所さんの仕事ぶりでもあり

世の中のある意味、真実の話かも知れません・・・

                



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

誰かのために

2016-09-11 11:16:28 | 道順庵の徒然草


家族葬は小さなお別れの会かも知れません

この人らしく・・

あの人らしく・・

想いを込めた気持は自分以外の人にも届くはず・・

有名人のお別れの会みたいに出来なくても

お花一輪でも

添える言葉があったり、思い出の一品で話が膨らんだり

出来ることは沢山あります

最近はそんなイメージで家族葬を自分たちで

作りながら偲ぶという方たちも増えてきています

またそんな家族葬へ参列した人たちにも

イメージが伝わり

自然と家族葬の流れが出来て行くのかも知れまん

ましてや人は十人十色

故人を一番よく知っているのは

葬儀社さんではなく

家族の皆さんなのですから・・・

              
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

高値=夢?

2016-09-09 12:17:04 | 趣味


車の話です

待望のホンダNSXの価格が発表され¥2370万~という価格です

価格だけはスーパーカーの入り口にやってきました

(ちなみにかのトヨタ2000GTが出たときはこの1/10くらいの価格でしたね)

この価格はたぶん「高い!!誰が買うの?」なんて話になるのでしょうが

では¥1500万なら買うの?

たぶん・・それでも「高い」とか言って買わない・・

まぁ~内容から言えばそんなには高くないと思いますが

夢の車は高いほうが憧れることもあるでしょうか・・

アメリカで製造して日本で売るのですが

日本のホンダでなく、世界のホンダの作品です

あらゆるところが電子制御されたマシーンは、五感にどのように

反応するのか、これをスポーツカーと呼べるのかは

乗ってみないと?・・・おっと!!・・

「乗った人の話を聞かないと」分かりませんけど・・

¥2370万出せる人は

他にも数台愛車があるのでしょうなぁ・・・

        


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

体感

2016-09-08 11:03:53 | 趣味


風呂好きな私は

出かければ立ち寄り湯に入り

近くのスーパー銭湯にも入ります

温まり具合から、体調の変化の有無・・

特に湯治の温泉は好きですね

次の日の朝には身体が軽くなり

これなら「老いてきぼり」にならなくても

済むかな?・・なんて・・

調子がいいとまた行きたくなるのですが

遠方の場合は往復で疲れてしまい

帰ってから近くの銭湯へ疲れを取りに行ったりもします

う~むっ・・(笑)

湯治場はやはり一週間から10日ぐらいは行ってみたいですね

一日では湯(十)治になりませんものね・・

ええ・・

今回は、長野の松代の立ち寄りの「加賀井温泉」へ再訪し

一時間半も湯船につかり・・

そして次はすぐ近くの「国民宿舎松代荘」の立ち寄り湯へ・・

近くなので湯成分は似ていますが

松代荘は少し熱めで長くは入っておれません

しかし・・・加賀井さんは400円

松代荘さんは500円と

この濃厚な温泉成分で味わえる金額はちょっと安すぎ!!

近くの人が羨ましくなりました。

               















コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一人

2016-09-05 12:00:41 | 道順庵の徒然草


道順庵での家族葬で

今まで一番少ない人数のときが

「一人」でありました

一人が一人を送る・・・

直葬とかではなく

ちゃんとした葬儀の形でございました・・・

       


生きてきた方への想いは人それぞれでしょう・・

想いを届けるために

忘れないために

そして

感謝を伝えるために・・・

          

     こころの青空は

           自分の中にあるのでしょうか・・





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

白黒から見えること

2016-09-01 16:40:30 | 道順庵の徒然草


シルエットはモノクロ

そこからの想像力はいろんな色がつけられます


葬儀で使う白黒の幕はよく、TVの葬儀場面で出てきます

業界ではこれを「鯨幕」と呼んでおりました

鯨の背と腹が白と黒だったからですかね

もうさすがに、こんな幕を使用する機会は

減りました、同じように青白の幕も使っておりました

これは浅葱幕といいます

葬儀の幕はこんな風にメリハリのある幕でお家の中を

飾っていましたが

今では、黒一色とか、白やグレーの単色

最近ではカラー背景のプリント柄やら風景そのものの印刷された

ものなどが多いようです

これらは

祭壇が白木の彫刻ものからモダンな祭壇や花祭壇の

もたらす引き立て役として、荘厳さより

華やかさ、明るさが際立たせる演出なのでしょう

たしかに

ピンクやバラの花の後ろに「白黒」鯨幕では

引き立たないでしょう

祭壇に合わせた背景

背景合わせた祭壇

う~むっ・・・

ときどき、ドキドキの祭壇もあります
(どちらの意味合いかな

背景次第で奥行きやら、色合いやら

そして全体のイメージやらが変化していきます

故人様のイメージに合うようにと考えながら

作り手も背景を考えていきます

              

















コメント
この記事をはてなブックマークに追加

8月31日

2016-08-31 16:29:00 | 世の中のこと


台風去って、この暑さ


変な台風のお陰でどきどきはらはらの数日でした

来る・・来ない?・・

     

そうこうしているうちに東北の方へ

何よりも天気予報が気になる週間でした。


昨日の夜にはもう虫の声が夏の終わりを告げて

庭には彼岸花が咲き始め

9月の趣に浸り始めました











コメント
この記事をはてなブックマークに追加

備えあれば・・

2016-08-28 17:01:14 | 世の中のこと


モグラのように何処に出るか分からない

おったまげ台風は気ままに

進む方向を予測をさせないずるがしこさを持ちながら

しかも餌の海水を飲んでは横暴に振舞っております

備えあれば・・・という諺も

そこそこの規模までのことでしょう


巨大な勢力になった台風には

甘さは禁物です

いざと言うときには、逃げる場所を決めておいたほうが

無難ではないでしょうか

でも・・通夜のときだったら

「逃げ出せない」のも

葬儀社の宿命でありましょうか・・・

棺が水に流された・・・なんてことは

ありませぬよう・・ご注意をば・・・


        
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夏の暑さは

2016-08-27 16:58:33 | 市内の風景



夏の暑さはビール党のためにあるのでせうか・・


今日は数年間中止となっていた花火大会です

暑い夏と花火にビール・・

そんな図式が台風余波での曇り空にぽつぽつと雨らしきものも

落ちてくる涼しい日です

先ほど、灯篭流しの準備のお手伝いに行きました

30年も手伝っておりますが

今年の灯篭は少し少なめ・・

先祖供養や、敬う気持も・・曇り空なので

ありましょうか

このあとの花火大会は

どのくらいの人出があることやら

数年のブランクは影響あるのかどうか・・・

一瞬の煌きに酔いしれる時間は、

まもなくです・・・

         

    

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

見える化

2016-08-22 11:22:39 | 道順庵の徒然草


葬儀社さんの見える化は

時代の変化と共に進んできました

葬儀の内容も、アバウトな説明ではなく

見積書も写真で説明をするのが当たり前ですし

葬儀の流れや必要事項もわかりやすく出来ています

この見える化は消費者側からすれば

とても有意義なことだと思います

見える化で、「他社との比較」がより鮮明になり

選択しやすい時代になったのですね。


ふた昔前では、「出くわした葬儀社」さんで

なんとなく「お願いしてしまった」ということが

多かった時代を経験しているものとしては

隔世の感があります


それだけ見える化が進めば

利用する側の皆さんもさぞやと思いきや

「上手く、見える化」に特化した

宣伝上手な企業もございます

消費者の皆様も

「見える化」を過剰すぎるくらい売り込む企業さんの

裏側に隠れて「見えない部分」が隠れていたり・・

なんてことのないように

目を凝らして、奥までのぞきましょう・・・

そして、覗かれていることに葬儀社さんも

自覚や緊張感が求められてもきます

まぁ~

覗かれていい穴を広げつつ

覗いたらもっといいものが見つかった・・・

が、理想かもしれませんね・・

            

                                                                                       


              




コメント
この記事をはてなブックマークに追加