アナログ・サウンドに癒されて

ジャズ・ヴォーカル&ポップスを中心に洋楽をレコードで再生して楽しんでいます。
オーディオとコーヒーの話題も取り上げます

ALTEC-MAGNIFICENTの3ウエイ化

2017-05-17 20:16:22 | オーディオ
アルテックのマグニフィセントはA7と基本的にはユニットもエンクロージャーも同じですが、民生用の為にエンクロージャーの上下が反転して装飾を施されたタイプです。
ですのでA7がヴォイス・オブ・シアターと云われる通りマグニフィセントもヴォーカル中心の音楽は問題なく再生します。
でもジャズやクラシック等のインストが主の音楽は正直云って高域が足りません!
そこでツイーターをプラスして3ウエイにしました。

でも経験の有る方も居るかと思いますが、これが結構難しいのですよ!
色々なメーカーのツイーターと合わせたのですが周波数的には合うのですが音色や音の
輪郭と云った処が異なり如何にも取って付けった様な鳴り方で高域だけが目立ってしまうのです!
ホーンと同じ様な音が出ると申しますがやはり同メーカーのツイーターで合わせた方が
一番合う様に感じました。

これでウーファー、スコーカー&ツイーターが全てホーンタイプの3ウエイに揃いました(*^^)v
こう云う時はマルチアンプは楽でチャンデバが無いと何種類もネットワークを作らなければなりませんね!
『オーディオ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ALTEC・A7の呪縛2ーALTEC・M... | トップ | ブルースの花束 / ダイナ・シ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。