人命救助に情熱を!

人のために一生懸命何かを成し遂げようと日々頑張っているスペシャリスト動画を
ピックアップ!

警察と消防はお互い協力しなければいけない

2017年05月17日 | 動画
警察にキレる消防隊員。横転した車(東京 板橋区)


事故現場での警察官の仕事の役割と消防官の仕事を撮影した動画ですが
少し、見ていて違和感といいますか、消防隊員のマイクでの発言が気になったので記事にしようと思います。

事故現場では、もちろん負傷した人を救助することを優先に考えなければいけないと思います。
でも、事故を起こした車両の横からは車が往来し、危険な状況は多々あり、一般の人が助けようとして
自分も事故に巻き込まれる、いわゆる二次災害に巻き込まれる可能性もあります。

そこで、重要な役割をしてくれるのが、交通整理をしてくれる警察官です。

警察は事故現場に到着するなり、事故の状況を把握し、二次災害防止(他の車が突っ込んでこないように)の為に
交通整理を行います。

救急車やレスキュー隊が到着しても、交通整理がうまくいっていないと、スムーズな救助活動が出来ない・・
事故処理だけでなく、そんな交通整理という重要な仕事も警察官が行っているんです。


この動画では、警察官がうまく車両を静止できなかったのか、消防隊員がマイクで警察官に交通整理を促しているのが聞こえますが
いくら、緊迫した現場でも、プロとして、ましてや同じ現場で活動する警察官に対しての言動が気になりました。。

同じ現場で協力しながら仕事をしていかなければいけない組織だからこそ、
このような緊迫した現場でも、取り乱さずにプロとして発言しなければ聞いている住民は不愉快にすら感じます。

警察官と消防官、任務は違えど、どっちが上だとか、下だとか、そんなんじゃなく
お互い協力していかなければいけないのになぁ〜と思った動画でした。


恐らく、言われた警察官はさぞ頭にきたと思います。。(;´Д`)

都民を守る大事な公務につく双方の職種だからこそ、これからも連携して協力して災害に対応して欲しいですね。





ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 社員教育には自衛隊研修【企... | トップ |   

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。