どっと屋Mの續・鼓腹撃壌

引き続き⋯フリーCG屋のショーモナイ日常(笑)

現代の艦艇の脆さ

2017年06月19日 19時38分00秒 | 話題
コンテナ船との衝突で、無残に潰れた船体が非常に印象的です。

記事にも見出しで「軍艦でも弱い『脇腹』」とあり、世間的にも民間の船よりも被害が大きいイージス艦に注目が集まっているようです。

以前、誰かに聞いたか、何かで読んだか...今の艦艇は、昔のもの(例えば第二次世界大戦か、それ以前)と比べると、装甲は圧倒的に薄くなり、ペラペラなんだそうです。

明治の日清・日露戦争の頃まで遡ると、「衝角」という船体ごと相手にぶつけて破壊するという造りになってたり...。

レーダーやイージスシステムに加えて、速射砲やCIWSの装備で防御されているので、装甲を厚くして重くなるよりも、軽量小型化を優先にしているということで。

なるほどねぇ...と思いましたが、はからずも今回の事故でそれが証明されてしまったという。

行方不明になっていた乗組員はすべて潰れた部分にいたようで...なにが起きたかわからないまま...だったんでしょうね...。

<追記>
先ほど見たTVニュースで、コンテナ船の船首部分の映像が...。

港で積み荷をおろし、喫水線から下の部分が露出してますが...かなり突き出ていますね...。

このバルバスバウという構造が「衝角」の役割になっちゃってたんですねぇ。



『事件』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 6月18日(日)のつぶやき | トップ | 6月19日(月)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。