どっと屋Mの續・鼓腹撃壌

引き続き⋯フリーCG屋のショーモナイ日常(笑)

災害時のトイレ

2017年04月19日 19時35分00秒 | 話題
「トイレで排泄する。人間の生理的欲求は、災害時も変わらない。にもかかわらず、食料の備蓄と比べ、災害用トイレの備えは、重要性が広く認識されていないのが実情だ」

まさにその通りなワケで。

以前、我が家の備えについて書きましたけれども、その程度では無いよりは幾らかマシって感じだし、せいぜい数日しか持ちこたえられない。

やはり公共施設でのトイレは堅牢なものであってほしい...しかし、主な避難所となる学校は主体が文科省、上水道は厚労省、下水は国交省、尿処理は環境省と縦割りで何か決めようにも複雑に...。

少し本気で考えてくれまいか?食料問題の次に深刻になることだし、もう少し大きく取り上げても良いはずです。

シン・ゴジラの巨災対じゃないけど、そういった各省横断的な対策室を設置して、本格的に動いてほしいもんです。

昔から体質的にトイレが近いもんで、どこかで災害が起きるたびに、大丈夫なのか?と考えてしまいます。

その為に水分補給を抑えて体調が悪くなってしまうなんて本末転倒もいいところですから。


『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 4月18日(火)のつぶやき | トップ | 4月19日(水)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。