どっと屋Mの續・鼓腹撃壌

引き続き⋯フリーCG屋のショーモナイ日常(笑)

この世界の片隅に、作品に窯変あたえた人

2017年01月03日 17時20分00秒 | アニメ
本日3日の朝日新聞朝刊にドーンとすずさん・のんさんが御挨拶!!(*^m^*)

この二人のシンクロ率の高さと、予想も付かない形の窯変ぶりが「この世界の片隅に」をまだ見ぬ地平へと作品を導いているような気がしますよね!

作品後半にさしかかる辺り...水原哲との再会をキッカケにするように、低いトーンの発声が多くなる。

特に...迫る哲に返したすずさんの言い回し、発声が神がかっていて...のんさんのどこからあの声が出ているんだろう...全く想像できないんです。

作品が始まると、もうのんさんの顔は消え、すずさんそのものが語り、ひらひら喋り、溜め息し、うめき、そして泣く...。

何度繰り返し観ても、全く変わらない、そのすずさんとの同化の素晴らしさ...。

昨日も...もうすでに9回も観ているというのに、涙を抑えることができませんでした...こんな作品は初めてです。

一緒に鑑賞したカミサンのお母さん、直後の言葉は「この映画は静かに、ジワジワと大きく輪を広げるように、より多くの人達に観てほしい作品よね」と。

内容の感想よりも先に、大局的で、そして旧来からのファン・CFメンバーの想いを代弁してくれるような心髄をつかれるような一言に、こちらが驚かされてしまいました(^_^;

まさしく仰る通りです、流石です、お母さん!(^o^)


『アニメ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 1月2日(月)のつぶやき | トップ | 1月3日(火)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。