どっと屋Mの續・鼓腹撃壌

引き続き⋯フリーCG屋のショーモナイ日常(笑)

シン・ゴジラ、川崎市との縁

2017年06月28日 19時50分00秒 | 話題
朝日新聞連載コラム「各駅停話」は今回JR鶴見線の昭和駅。

昭和電工・川崎事業所の「本事務所」をピックアップしております。

記事によると「シン・ゴジラ」でのロケで、この建物を使ったと。

はて?こんな古めかしい瀟洒な部屋のシーンなんてあったっけ?と暫し考え込んでいましたが、記事に「米国防総省」とあり、さらに?(^_^;

思い当たるシーンとしてはコレですよね。

在日米軍・横田基地の司令室。

ゴジラへの熱核攻撃を決定し、退去する米国高官らが力なく話をしているシーンです。

川崎市は、進撃するゴジラが横切ったりしますけど、他のロケでも使ってたりするんですね。

「The Art of Shin Godzilla」にも載ってませんでした。

そんな縁のある地、川崎市市民ミュージアムにて「シン・ゴジラ」公開一周年記念特集という名目で上映会があります(^_^)

29日(土)は「ゴジラ」と「シン・ゴジラ」が連続して鑑賞できるのです!

もちろん爆音上映ではありませんが、新旧2本を連続して拝めるなんてなかなかない機会!

「ゴジラ」はTVやDVD・Blu−rayなどで何度も観てますけど、劇場の大きなスクリーンで観たことはないので期待も高まります。

しかも1本600円で、計1200円ですよ(*^o^*)

ネット予約も前売りもないので、朝早起きして当日売りの列に並ぶ所存!!

楽しみです\(^o^)/


ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 6月27日(火)のつぶやき | トップ | 6月28日(水)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。