どっと屋Mの續・鼓腹撃壌

引き続き⋯フリーCG屋のショーモナイ日常(笑)

この世界の片隅に、英語で味わう

2017年12月03日 19時00分00秒 | DVD・Blu-ray
この土日はマッタリと、書籍とBDの米国版に浸っております(^_^)

書籍は原作漫画をギュッと一冊にまとめたもの。思っていた以上に丁寧な製本で紙質もよく、カラーページもちゃんと収録されています。

まぁここまで来るとコレクターズアイテムって感じなんですけど(^_^;、持ってて損はない一冊かと。

英語の勉強にもなるしね。

BD版も堪能いたしました。字幕だけではなく吹き替えも英語にした意味は大きいなと改めて感じた次第。

闇市で高額な砂糖を買うか迷うときの「か〜き〜の〜た〜ね...」が英語だと「eeny meeny miny moe」っていうのかぁ、面白い!(*^o^*)

声優さんの台詞まわしも作風にあわせてテンションを落としたものとなっており、好感がもてるものになってました。

すずさんの声優さん、思った以上にシットリ感と色香もあって、英語圏だとそんな解釈とニュアンスになるんだとも...。

総じて英語版を観た感想としては、アニメ作品でこのテンションって欧米では...特に米国では受け入れが難しそうだなぁと。

アニメでしかも英語で観ると、どうしてもディズニーとかピクサーとかオーバーアクションで喜怒哀楽の幅も大きくて、ハイテンションな作風と比較してしまう。

そうなると「この世界の片隅に」は本当に動きも表情も微細で、向こうの人には何も盛り上がること無く始まって終わるみたいに見えてしまうんだろうなぁ...と。

勧善懲悪ではない指向と人間模様を追求し、文学となりつつある日本の漫画やアニメは本当に独特の進化をしていて、敷居が高くなっていると思わざるを得ませんでした。

日本人でさえ、ドハマリする人と何も感じない人が両極端になってますしねぇ...。

まぁ私は判る人だけ判ればそれで良いと考えちゃう方なんで...百人みて百人が良いと思う作品なんてあり得ませんしね。

映像特典は、日本版とは全く違うものでした。

片渕須直さんのインタビュー(約41分)、丸山正雄さんのインタビュー(約12分)、広島・呉を取材したもの(約15分)、その他は予告編という構成。

片渕さんはこれまでの関わってきた作品の事や本作への思いを交えて、とても見応えがあり、丸山さんの単独インタビューも他には無い珍しくも貴重なものです。この特典だけでも元がとれる感じで満足(^_^)

丸山さんのインタビューで最後に「夢みる機械」に触れているんですけど...今敏さんへの無念な想いがズシンと響き、思わぬところで今さんへのやりきれない気持ちがあふれ...切ない気持ちになってしまいました。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Perfume Clips 2、開封の儀

2017年11月29日 20時50分00秒 | DVD・Blu-ray
前作から4年弱、ユニヴァーサルJ移籍してからのMV16作をまとめたもの

パッケージデザインは前作を踏襲した iPad っぽいもの。


仕様の大きな違いはブックレットが付属したところ...これがまた各MVを担当した監督による絵コンテ付きなんですわ(*^o^*)

カッチリ・キッチリ描く人と、ラフで大ざっぱなのが比較対象もできたりして、ファンには堪らん一冊になっております(^_^)

ほいでもって...まだ全部は見ておらんのじゃけど...特典ディスクのコメンタリーが素晴らしいんですわ(*^m^*)

3人がシートで一緒に映画館のスクリーンを観ている設定で!

映画館じゃないよね。

ユニヴァーサル系の試写室みたいなところかな...?

このシチュエーションだけでもウラヤマシイ...極爆上映で観てみたい...(´д`)

まぁ...それはさておき、今回のコメンタリーはなんと等倍再生なんです!今までは16倍とか4倍とか駆け足で忙しい感じでコンパクトに感想をしゃべらせるという鬼設定でしたが(^_^;、約1時間18分にわたって3人の表情を見ながら一緒にゆっくりと、そしてキャッキャワイワイMVを鑑賞できるスタイルとなりました!

いやもうこれだけで元が取れた感じがしますわ!\(^o^)/

ってなことで存分に楽しみたいと思います〜(^_^)


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

この世界の片隅に、BD・DVDついに...

2017年06月01日 19時38分00秒 | DVD・Blu-ray
6月になりました。

年のせいだか、本当に月日の流れが速くて、困惑しきりです(^_^;

そして月開け早々に9月15日発売という情報です...。

「シン・ゴジラ」の時と同様に、様々なバージョンと、ショップによっての個別特典で賑やか〜(^_^;

この引きの強さ!本当にビッグタイトルになったことを実感します。

ええ!もちろん予約しましたともっ!

【Amazon.co.jp限定】メイキングDISC(Blu-ray)付き(商品未収録の内容)」というヤツでね(^_^)

やはり本編は劇場公開のまま足しも引きもない129分。

個人的にはデジタル配信を緩衝的な役割として、早くて今冬、来春のパッケージリリースでも良かったんです。

遅くなっても良いから、リンさん編を入れた拡張版としてのパッケージを期待していたんですけどね...(´д`)

まぁ本作も大きなカットがあるとは言え、片渕さんの手腕でうまくまとまってますし、文句のつけどころがない1本なんですけども...。

でもねぇ...こうなると拡張版ってどうするんだろうって、ますます気になっちゃうんですよねぇ(^_^;

先日の日本カトリック映画祭でも、司祭さんに詰め寄られて、片渕さん困惑してましたけど(^_^;

やはり作品を作るには大きなエネルギーが必要で、片渕さんとしても充電期間はほしいみたいだし、スタッフ編成もそんなに簡単じゃないでしょうから、2年前後は先と考えて置いた方が良いんでしょうね。

公開形式も課題でしょうし...一つの作品で続編でもリメイクでもない、拡張補完(まぁディレクターズカットになるのかな?)がどのように展開されるのか、続報を楽しみにしているところです。

幻の...になって欲しくないな〜ってね(^_^;


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Perfume、COSMIC EXPLORER Blu-ray購入!

2017年04月05日 19時35分00秒 | DVD・Blu-ray
店着日、あるいはフラゲ日とも云いますが、昨日ゲットしておりました(^_^)

初回限定盤Blu-rayと、通常盤はDVDで。

シュリンクラップは破り捨てず、そのまま活用、残す処置をし、化粧箱を綺麗に保ちます。

外箱から引き出すと白い内箱...四つ折りになっています。

ディスクが三枚とブックレットなど。

米国公演での三人の勇士(*^o^*)

今回、なにが嬉しいって、幕張スタンディングエディションを残してくれたこと!

追加公演のドームが一番派手だし、その他はダイジェストになるだろうと思ってましたのでね(^_^)

平日なので、まとめて見ることが困難ですが、チビチビ楽しんでおります。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シン・ゴジラ、Blu-ray版購入!

2017年03月24日 20時10分00秒 | DVD・Blu-ray
今回はAmazonさんではなく、ローチケHMVさんからの「【Loppi・HMV限定】シン・ゴジラ Blu-ray 特別版 3枚組 「シン・ゴジラ オリジナルトランプ」付き」ってヤツで。

各ストアでスチールケースだったり、ゴジラフィギュアだったりしたのですが、トランプってのが一番グッズとして変わってるし面白いかなということで(^_^)

Jが第二形態、Qが第三形態、Kが第四形態という趣向もなかなかです。

トランプ自体の質もスベスベのコーティングが成されており、思ったより安っぽくなく、満足感のある物でした。

写真左上にあるのが共通の特典「ペアチケットホルダー」、どんなものかと思ってましたが、クリアファイルをチケットサイズにした物という感じですね。

中身を展開するとこんな具合。

左から本編・特典1・特典2という構成です。

特典映像も盛りだくさんなので、じっくり見ていきたいと思います(^_^)


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

麦秋、Blu-ray到着(^_^)

2016年09月06日 19時38分00秒 | DVD・Blu-ray
や〜嬉しい(*^o^*)


今回も「晩春」に引き続き、35mmマスターポジを4Kスキャン、4K修復、4KDCP制作という、フル4KにおけるBlu-ray化でございます!

今後は映画館での上映も、これをソースとなるのでしょう。大きなスクリーンで観るのも楽しみです。

これまでのはフィルムの状態も悪くて、コマ落ちや音声途切れもあって酷かったですしね(´д`)

セットにはシナリオ写真集(写真右下)も。

東京物語」からのBlu-rayパッケージ附録の「シナリオ写真集」です。

当時のポスターやチラシ、そしてスチール写真も充実(^_^)

早速プレイヤーで内容確認しましたが、いやもうクッキリ鮮明ですこと!

モノクロの階調も豊かなもので、近景・遠景の差や、木々の繁り、ツヤ感など、カラーとは違う美しさを堪能できます...単純な白黒ではなく、色彩を感じるモノクロ(*´д`*)

DVDを所持していても、買い直す価値は充分にあると思いますね!

これにて目出度く紀子三部作、コンプリートです\(^o^)/


前にも書きましたけど、残された諸作品(宗方姉妹・お茶漬けの味・早春・東京暮色・浮草・秋日和・小早川家の秋)のBlu-ray化はあるのでしょうかねぇ...。

地味だし、作風が暗いなどの評価低めな物ばかりですが(^_^;

会社が違うなどの障壁もありますすが、垣根を越えて文化遺産として頑張って欲しいものだと思います!


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Perfume、ドキュメント映画フラゲ〜(^_^)

2016年07月05日 20時50分00秒 | DVD・Blu-ray
WE ARE Perfume -WORLD TOUR 3rd DOCUMENT(初回限定盤)[Blu-ray]」ですな!

いつものようにDVDも併せてゲット〜(*^o^*)

映画館で5回も同じ作品観たってのは自己最高記録ですし、それでも飽き足らない素晴らしい作品です。

パッケージの中はこんな具合...。

コメンタリー付きの本編と、映像特典、そして中田ヤスタカ氏によるサウンドトラックCDと天こ盛り\(^o^)/

どれからどう観ようか悩んじゃうくらい...でも平日ど真ん中なので、チビチビ楽しむしかないんすよねぇ(^_^;

ともあれ、ジックリ楽しみますわ(*^m^*)


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Perfume Anniversary 10days 2015 LIVE 3:5:6:9、Blu-ray版到着!

2016年01月14日 19時50分00秒 | DVD・Blu-ray
近所のTSUTAYAでフラゲしたDVD版に引き続き、Amazonから昨日ようやく届きました(^_^)


パッケージデザインは同じですけど、Blu-ray版は一回り大きい!

なので、ブックレットもワイドです(*^o^*)


同じポスターが2枚揃ったし、今回のはとてもアーティスティックで気に入っちゃったので、壁に貼っちゃった(*^o^*)


さっそく再生しましたけど...

やっぱ低圧縮でレンジが広くて深みがあって、三人がひときわ輝き美しい...ステージにいるときが一番だよなぁと感じますわい(*´艸`*)

いつものことながら、この辞典でWOWOW版に戻れなくなりますわ(^_^;

映像特典を見てて、ダンスコンテストの時の空気感をシミジミ思い返してしまいました...。本当に良い雰囲気で、あの時ほど日本武道館が狭く(良い意味で)感じたことはないなと。一つ屋根の下に三人といる幸せ...最後の中継でも緊張から本音を吐露し、終了後は号泣(ノД`)

カネ払ってアーティストを観に来る客との関係を大きく越えるなにかがあるんですよ、 Perfume にはね。

自分にとって...後にも先にも、こんな存在に出逢うことはないだろうと思ってます(^_^)




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Perfume Anniversary 10days 2015 LIVE 3:5:6:9、開封の儀!

2016年01月12日 19時50分00秒 | DVD・Blu-ray
本日フラゲ日ですが、Blu-ray版よりDVD版を先にゲットしましたので、中身をば簡単にご紹介(^_^)

いつものように外装シュリンクラップを残し、パッケージの保護カバーに再利用しております。個人的にコレ大事d(^_^)

写真だと判りにくいですが、外装化粧箱の表面、単なる印刷ではなく、ロゴやタイル状の模様にエンボス加工が施されて高級感もバッチリです。

購入特典のポスターも!

敢えて顔を影にしているところが Perfume らしくてアーティスティック!これは壁に貼ってみたくなるなぁ...。

同梱の特典は40ページ超もあり見応えタップリなフォトブックレットと、すごろくコーナー各曲指示書!こういうの擽ってくれますよねぇ(*^m^*)

ニューアルバムとツアーの告知も!テンション上がるわ~\(^o^)/

本編ディスクのメニュー。



特典ディスクのメニュー。


まだ一通りまで見切れてませんけど、素晴らしい内容で、ちょっと見ただけで目頭が熱くなり、鳥肌が止まりませんわ...(*´艸`*)

久しぶりにメンバーによる副音声も入ってるんで楽しみも数倍です!

さてさて~ゆっくりじっくり味わいたいと思います!!


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

晩春、Blu-rayは非常に美しい(*^o^*)

2015年12月04日 20時40分00秒 | DVD・Blu-ray
言わずもがななデジタル修復版です。


シナリオ写真集(84p)付きで、「東京物語」と同じ仕様であります(^_^)


先日亡くなった原節子さんの美しい姿も存分に...。



画質は、映画館で確認済みですが、テレビ画面においても画面の安定度とコントラストがクッキリな映像はとても満足のいく仕上がりになっています(*^o^*)

単純なモノクロではない、ちゃんと色味を感じさせる撮影をしているのが伝わる映像なんですよ。これはカラーが当たり前になった今の人間には出せない味なんだと思います。

とにかく着物姿の原節子さんが眩しいんだ!小津さんの愛を感じます...(*´艸`*)

まだちょろっと中身を確認した程度なので、週末ジックリと楽しみたいと思います。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加