るるの徒然

気持ちの赴くままに、つらつらと。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

四回転ループ成功なるか

2016-09-18 | 趣味
ニュースで取り上げられていた羽生結弦選手の四回転ループを跳ぶ映像(動画の1:40と3:00のところ)にはびっくりしました。

羽生結弦 2016-17 新プログラム発表 (Yuzuru Hanyu announced his new programs)



四回転ループというのは、公式試合でまだ誰も成功したことのないジャンプです。
練習で跳んでいる・着氷したという話は過去にも何度か聞いたことがありますけど、実際の試合で使えるほど美しくて精度の高いジャンプを跳べる選手というのはこれまでいませんでした。

動画の羽生選手の四回転ループは着氷も美しく、特に1:40のほうのジャンプは、試合なら満点がつくかもしれないとさえ思いました。
今シーズン中に羽生選手が4回転ループに試合で世界で初めて成功させ、歴史に名を刻む可能性はとても高いと思います。


昨季は世界最高得点を叩き出した羽生選手ですが、フィギュアの点数はルールが変われば点数の出方も変わるので最高得点というのは普遍的価値があるものではないと私は思います。

それに対して「世界で初めて○○ジャンプを試合で成功させた人」というのは、後世まで名前が残ります。
6種類あるジャンプのうち、アクセルやサルコウは、初めて跳んだ人の名前が付けられたジャンプなんですよ。

伊藤みどりさんは女子でトリプルアクセルを試合で初めて成功させた人として今も世界で通用しますし、
安藤美姫さんも女子選手世界初の4回転ジャンプ(四回転サルコウ)を成功させた人として名を刻んでいます。
また、昨シーズンの終わりにチャレンジカップという試合で宇野昌磨選手が四回転フリップを着氷し、世界初成功と認定されました。
ここに羽生選手の名前も加わるであろうことを期待して、今シーズンは注目したいと思います。


ちなみにトリプルアクセルの女王・浅田真央選手は初めてジャンプを成功させたのとはちょっと違うけど、トリプルアクセルに関する偉業はいくつもあります。

・国際大会でのトリプルアクセル成功最年少(14歳)・最年長(25歳)記録
・女子5人目となる国際大会でのトリプルアクセル成功 (2004-05ジュニアグランプリファイナル)
・女子ジュニア初となる国際大会でのトリプルアクセル成功 (2004-05 ジュニアグランプリファイナル)
・女子初となる世界ジュニア選手権でのトリプルアクセル成功
・女子初となる1大会で3度のトリプルアクセル成功 (2010 オリンピック)
・女子初となる冬季オリンピックショートプログラムでのトリプルアクセル成功
・女子初となる同じプログラムで2回トリプルアクセル成功 (2008–09 グランプリファイナル)



日本選手、凄いですよね。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 青天が続かない。 | トップ | 祝・卒業 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む