俺の前世はサムライだ!

俺の前世はサムライだ!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

尾頭橋で「中川金魚まつり」-「金魚みこし」でパレード盛り上げる

2010-07-15 14:49:19 | 日記
名古屋市中川区尾頭橋一帯で7月24日・25日、「第55回中川金魚まつり」が開催される。(名駅経済新聞)

 金魚まつりは昭和初期、当時近くに遊郭があったことから開かれていた「郭(くるわ)まつり」がルーツ。1953(昭和28)年、地元の有志や商店主らが協力して地域の活性化・連帯感を強めようと祭りを立ち上げたのが始まりだった。後に弥富の金魚業者と提携して、当時は珍しかったランチュウを大きな水槽に入れて展示したことで「金魚」のイメージが定着していき、40年ほど前に「金魚みこし」が誕生したという。

 祭りの動員数は毎年3~4万人。2日間にわたりステージの催し物、バザー、パレード(初日のみ)などが行われ、街中にぎわいをみせる。「昨年は2日とも雨降りだった」と振り返るのは、同まつり実行委員長の山田悟さん。「初日のパレードは何とかできたが、2日目は警報が出たので祭りを中止せざるを得なかった。今年は、何とか天気になってほしい」と願いを込める。

 今年のテーマは「地域に感動を!絆(きずな)」。「昨今、人と人とのきずなが薄れつつある世の中、親子代々で引き継がれてきた祭りを通して、考え直してもらえるきっかけになれば」と山田さん。「今は昔みたいにお巡りさんとのふれあいも少なくなってしまったが、顔を見る機会があれば、何となく親しみやつながりを感じるのでは」と、今年初の試みとしてステージで中川警察署の防犯PRの時間も設けた。

 尾頭橋公園の野外ステージでは、歌謡ショーやミス金魚表彰式、ジャズオーケストラ、ゴスペル、名古屋甚句などのさまざまな催しを展開する。バザーではB級グルメで知られる「富士宮やきそば」「浜松ギョーザ」の出店を予定。「名古屋おもてなし武将隊」も参加する。

 祭りを一気に盛り上げるのは、「金魚みこし」がトリを務めるパレード。中川生涯学習センター前から八熊交番までの約1.2キロを車両通行止めにし、各種団体が踊りや演奏などのパファーマンスを繰り広げる。

 横3メートル・縦1.5メートルの「金魚みこし」は毎年手入れを行い、10年以上使い続けているという。中に明かりをともし「金魚が浮かび上がったようにみえる」みこしを総勢70~80人で掛け声とともに練り歩く姿は、途中で放水などもあり見守る人々を魅了する。

 地元出身の山田さんは20歳のころからみこしを担ぎ、祭りに携わること約40年。ずっとこの祭りを見守ってきた。「途中運営が厳しくなった時期もあるが、地元の人たちと協力してここまできた。これからも伝統的な行事をなくさないために頑張っていきたい」と話す。

 開催時間は両日とも16時~22時。パレードは24日18時35分出発。詳しいスケジュールはホームページで確認できる。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

シジュウカラ:郵便受けに巣作り ひな8羽が元気に誕生

2010-07-01 15:50:24 | 日記
佐渡市羽茂大崎のアルバイト、竹内康太郎さん(29)方の玄関先の郵便受けに巣を作ったシジュウカラのつがいは、産卵し、8羽のひなが誕生した。
 ひなの元気な鳴き声が郵便受けから響き、親鳥は盛んに餌を運んでいる。6月2日付の毎日新聞にシジュウカラが郵便受けに巣作りしている写真が掲載されて以来、竹内さんには近所の人たちから「大事にせいよ」と声がかかるようになったという。
 猫が手を伸ばせないように周りの植木台を撤去し、ヘビよけにとたばこの吸い殻を郵便受けの下に置いた。郵便用の郵便受けは別に設け、竹内さんはひなが巣立ちするまで見守るつもりという。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

警察犬:防犯に活躍期待 県警察学校で委嘱式 /山梨

2010-07-01 15:49:26 | 日記
防犯パトロールなどに活躍する嘱託警察犬の委嘱式が30日、県警察学校(甲斐市西八幡)で開かれた。
 活動を委嘱されたのは、6月3日に開かれた審査会で合格した31頭の犬の飼い主25人。広瀬文三勝刑事部長が「県内では強盗事件などが多発しており、防犯にご協力いただきたい」とあいさつ。出席した飼い主18人に委嘱状を手渡した。
 式後は審査会で優秀な成績を修めたシェパード3頭も同席して記念撮影。優勝した「マックス」(オス、9歳)の飼い主、斎藤一さん(67)=忍野村忍草=は「この子の嗅覚(きゅうかく)には自信がある。行方不明者の追跡や防犯活動などで役に立ちたい」と話していた。
 県警鑑識課によると、夏は果樹畑のパトロールなどの際、飼い主と嘱託警察犬に出動を要請する。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

同世代ライバルが遼くんにエール「米国で勝てる」

2010-06-18 11:27:09 | 日記
米メジャー今季第2戦、USPGAツアー全米オープンが17日、米カリフォルニア州ペブルビーチ ペブルビーチ・ゴルフリンクス(7040ヤード、パー71)で開幕。石川遼(18=パナソニック)は予選ラウンドで同組となったロリー・マキロイ(21=英国)から“米ツアー挑戦のススメ”を説かれた。米ツアー参戦1年目で早くも勝利を挙げた同世代のライバルに米国でも勝てる実力があると認められ、今大会は互いの存在を刺激にしながら上位進出を狙う。

 国こそ違うが、同世代のライバルとして意識し合う2人。今回、予選ラウンド同組となったマキロイから熱く、うれしいエールが石川に送られた。米ツアー初参戦となった今季、早々と勝利を挙げた21歳の英国人は「米ツアーで勝つためには、こっちに来た方がいい。リョウなら勝てる能力がある」と石川を高く評価し、一刻も早く米国で戦うことを勧めた。

 マキロイが米ツアー初勝利を挙げたのと同じ週に、石川も中日クラウンズで“ギネス記録”の58を出して逆転優勝。マキロイは「僕も2年前に出場したが、あのコースは物凄くトリッキー。最終日に58は本当に素晴らしい」とプレーを絶賛した。一方、石川は「自分とは技術の差を感じる。(生まれ年が)2年離れているが、自分が米ツアーで2年後に勝てるかというと、今のままでは駄目だと思う。そこは悔しい」と先を行くライバルの実力を認め、「自分はまだまだ日本でできることはある」とさらなる進化を誓った。

 今回は初めて練習ラウンドで1度も18ホールを回らずに本番を迎えた。4日間、いずれもハーフをこなしただけで無理せずに仕上げた。好調ゆえの調整方法で「やっとティーショットの狙い所、クラブ選択がスムーズにできました」と確かな手応えを口にした。

 予選2日間はマキロイ、60歳のワトソンと回る。マキロイは公式会見で「予選ラウンドでリョウ、ワトソンと回るのは最高」と抱負を述べたが、注目を集めるのは確実でいつも通りの姿勢で難コースに挑めなくなる可能性もある。「マキロイの刺激で雑念を消したい。2人でいいプレーをしたい」と石川。近い将来の米ツアー挑戦を見据える18歳は初めての全米オープンでライバルに食らいつき、飛躍への足がかりをつかむ。

 ◆ロリー・マキロイ 1989年5月4日、北アイルランド生まれの21歳。9歳の初ラウンドでホールインワンを記録。07年に世界アマチュアランキング1位になり、同年にプロ転向。09年に欧州ツアー賞金ランク2位。今年から米ツアーに参戦し、5月のクエイルホロー選手権で初優勝。石川遼、リッキー・ファウラー(米国)とともに名前の頭文字から「3R」と呼ばれ、注目の若手とされる。1メートル80、73キロ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

王道路線へ!ショウワモダン始動は毎日王冠

2010-06-18 11:23:57 | 日記
安田記念でG1初優勝を飾った後、宮城・山元トレセンで放牧中のショウワモダン(牡6=杉浦)は毎日王冠(10月10日、東京)での始動が濃厚となった。17日、杉浦師は「もう少し年齢が若ければ(今夏の)海外遠征もあったが…。今の状態を維持して、もう一度G1優勝の感動を味わいたい。今後は社台ファーム(北海道千歳市)に移す予定。今のモダンなら、毎日王冠の後、天皇賞(10月31日、東京)の2000メートルが目標になる」と古馬王道路線を歩む方針。その後はマイルCS(11月21日、京都)や香港マイル(12月12日)を視野に入れている。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加