珍しい鳥と形態

前進座に依る「怒る富士」の公演が3月6日に佐賀市文化会館でおこなわれる
その入場券の普及に回る途中に いつもの通り野鳥の観察
白石干拓のタマネギ畑で滅多に目にしない鳥を見かけた
さっそくデジカメで撮り図鑑で調べると
冬の田圃にみられる「たげり」という奇妙なとりだった
名前の由来はどこからきたのだろうか?(鳩大)

 動画
https://youtu.be/00K6v1BLkLI

たげりについて

チドリ目チドリ科全長30センチメートル 余り
後頭部長い冠羽をもつ。背面と翼は黒,下面白色で胸に黒色帯がある。
ユーラシア北部繁殖し,冬は南へ渡る。日本には冬鳥として渡来し,水田湿地などで生活する。

一回りして地元に帰り 畑川溜池を見ると
鴨が円状に固まっている 何をしているのだろうか
初めての現象 それも3つほどに

コガモの塊で 餌を囲いこんで とっているのだろうか?

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 野鳥弐題 小春日和 »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。