椿峰のまち

所沢・椿峰ニュータウンでのまちから見えてくるものをお伝えするブログです。

7月16日のまち ゴミ減量化を考える

2017-07-25 16:38:26 | ゴミ減量化
我が家の紙のゴミについて

古本は古本屋さんに買い取ってもらいます。

月1回 第3日曜日 子ども会の資源回収に 新聞1袋
月1回 第3月曜日 市の収集に 残りの新聞、雑がみ、雑誌、段ボールを出します。

子ども会の資源回収の場所に持って行くのは1袋が限度で、ゴミ置き場は家のすぐ向かいなので助かっております。 

子ども会の資源回収のトラックは積み込むのが大変そうです。


市の紙のゴミの収集では、早い時間に無許可のトラックが来て、新聞紙を持って行くのをみかけたりします。
また、市の回収では段ボール類・雑紙と新聞紙は別々に回収されます。
したがって、ゴミ置き場に置かれる紙は少量にもかかわらず、少なくとも3台のトラックが来ています。
また、新聞の販売店も月1回ちらしで知らせて独自に集めたりしています。

これでは、人手やトラック輸送を考えると、紙のリサイクルは経済的もしくは環境に優しいとはいえないのかもしれません。
→ こちら

プラスチックのゴミについて
所沢市では、プラマークのないもの、汚れが落ちないものは不燃ゴミに、とのことで、その行先についてはよくわからなかったりします。


中国に、資源ゴミを輸出していたようなのですが、それができなくなるとのことです。→ こちら


いよいよ、ゴミを減らしていくしかありません 

・販売店で包装をできるだけ簡便にしてもらう  ・発行元で、ダイレクトメールやカタログを減らす
・まず各世帯でゴミを2割程度減らすことを実行(ごみ袋を小さいものにする)

ということでいかがでしょうか。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 7月15日のまち その3 ... | トップ | 7月30日のまち 第21回... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (藤村眞樹子)
2017-07-26 08:48:19
とはいえ、我が家でも実家でも遺品整理や不用品を片づけると、あっという間に大きなごみ袋が何個も出来ます。
この中には、まだ使えるものがたくさんあったりします。
車のない高齢者にとっては、どこかに持って行くのはたいへんです。

市のゴミの出し方には
無許可の回収業者には頼まないように
とあったりしますが・・・・・
このへんは規制を緩めたほうがよさそうにも思ったりします。
Unknown (藤村眞樹子)
2017-07-26 09:56:47
優良な業者を増やしていく方法を考える、という方向でしょうか。
私が何回か利用してみた感想では、問題があるわけではなく、しっかりしている方たちが多かったりしました。
Unknown (藤村眞樹子)
2017-07-30 09:03:07
買電とか資源ごみとか、補助金などで無制限に買い入れるという仕組みになってしまう?
どこかに放電される、余って溜ってしまうということになっても困ると思います。
不合理さを押し通す力が働いているとすれば、変える必要がないでしょうか。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ゴミ減量化」カテゴリの最新記事