椿峰のまち

所沢・椿峰ニュータウンでのまちから見えてくるものをお伝えするブログです。

排泄障害を考える

2011-07-28 06:44:18 | 高齢化社会
高齢化社会では、排泄障害と認知症にが大きな問題となっています。

難問については、さまざまな視点で考える必要があると思います。



尿失禁の場合については こちら

下痢の例は こちら


若い人にとっても強力な効き目の薬が高齢者にとっては強すぎで排泄障害や認知症を
引き起こす場合があるようです。

また、上の事例のように風邪程度に薬がたくさん出されるのは別の病気を引き起こす
可能性がないでしょうか。

一つの薬についての副作用はそれほどでなくても、多くの薬が長期間にわたって出され、
周囲に変化を観察する家族がいない、という場合が多いような気がします。






バナーを作ってみました。ぜひクリックを!(1日1回有効)
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 所沢情報へにほんブログ村

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 電磁波の影響について | トップ | 高齢化社会への目配り »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

高齢化社会」カテゴリの最新記事