パソコン便利屋 どらともサポート ブログ

パソコン便利屋 どらともサポートは岐阜市内を中心に出張パソコン修理・出張パソコン教室を行っています。管理人のブログです。

お断り

本ブログで紹介しております設定や修理方法が必ずしも最善であるとは限りません。
本ブログの内容を参考にされる場合は、自己責任でお願いします。
不具合など発生しても当方は責任を負いません。

サポートに関するお問い合わせ・ご質問はこちら
どらともサポート掲示板 
まで

support@doratomo.net

どらともサポート ホームページ

Endeavor AT920C電源入らず

2011年10月07日 | パソコンサポート
パソコンの電源が全く入らなくなったと、時々パソコン教室でお伺いしているお客様から電話がありました。デスクトップパソコンですが、このような場合一旦大元のコンセントからACコードを抜いてもらい、数分経過後に再度コンセントにACコードをさして確認してもらうのですが、状況が変わらずとのことで訪問いたしました。

パソコンはEndeavor AT920Cでスリムタイプのデスクトップです。

まず状況確認で、電源スイッチを入れてみると・・・全く通電する気配がありません。パソコンまではAC100V問題なくきています。
内部を開けてみました。
まず目についたのは、CPUのヒートシンク近くの電解コンデンサーの液漏れです。どうしても熱を持つヒートシンクの近くのコンデンサーは故障しやすいですね。

さらに、よくみると・・・チップセットのヒートシンクを固定している2本のバネの片方ずつが、とれてしまっています。アンカーというバネを固定する金具、半田付けでとめてあるのですが、2個とれてしまっています。パソコンをお預かりしました。



コンデンサーは、同仕様のものも今後液漏れ(故障)の可能性があるので、6個交換しました。



とれていたアンカーは、半田付けしました。半田ランドが小さくてバネの力に負けてしまうのでしょうね。しっかり半田付けし、さらにバネの力を少し弱くしておきました。



このヒートシンクの脱落というか、アンカーが取れてしまう現象は、DELLの一部のデスクトップパソコンでも起きるのですが、DELLの場合は、アンカーがとれてしまうと、ヒートシンクが異常云々のメッセージを表示してくれます。
今回全く電源が入らなかったのが、CPUの電源回路の電解コンデンサーの故障が原因なのか、チップセットのヒートシンク固定のバネが外れてしまったのが原因なのかは、はっきりしませんが、無事に通電しWindowsが起動・動作しました。

無事に起動

全く電源が入らなくなってしまい諦めていたパソコンが復活して喜んでいただけました。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加