各駅停車で

日々の出来事を綴っていきます。
ちょっとピンボケもありかな?

大学の卒業式

2017-03-20 | Weblog
大学の卒業式に参列して来ました。今年で50回目になります。お天気もよくて暖かい日和でした。御父母の出席も多かったように見受けられました。10時から開式で、例年ですと、卒業生の会場への入場で少し開始時間がずれ込むのですが、今回は、ほぼ時間通りに始まりました。

式は、校歌斉唱から始まります。卒業証書の授与は、各学部学科の総代が受け取ります。この総代は、成績によって決められると聞いています。大学院の学位記授与まで、結構、時間がかかります。その後、式辞、祝辞、送辞、答辞と続いて、最後は、応援歌の斉唱で式が終わり、卒業生は式場を退場していきます。その後、学科別に指定教室で、個人に卒業証書の授与が行われます。毎年、同じことの繰り返しですが、その年によって、雰囲気は変わります。今回は、総代に男子学生が多かったです。例年、女子学生が多いのですが、、

卒業生の男女比は約半々です。女子学生は、はかま姿がほとんどですので、厳粛な式の中にも華やかさがあります。ご父母は、2階席に案内をしています。入りきれないご父母には、サテライト教室で式の様子を見ることが出来ます。午後は、1時30分から学生食堂で、卒業祝賀会が行われます。この後、三々五々、大学を後にしていきます。昨年は、桜が開花していました。今年は、まだつぼみも固そうです。ご一緒した、同窓会の役員の方が、自分たちが卒業した頃のことを話していました。今では、キャンパスの様相も変わり、最寄り駅の名前も4月から大学名に変わります。今後の発展に期待したい思っています。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 孫が来ました | トップ | 年度末の会議日 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL