各駅停車で

日々の出来事を綴っていきます。
ちょっとピンボケもありかな?

入笠湿原

2017-06-14 | Weblog
釜無ホテイアツモリソウの花を見るために、入笠湿原までいってきました。旅行社が企画したハイキングツアーで、出発が近くの駅からでしたので、申し込んでいました。申し込んだときに、あと2名となっていましたので、自分が最後かなと思っていましたが、満席になったということで、自分の後から申し込んだ人がいると言うことでした。

家を出たときはあいにくの雨模様です。出かける前に目的地の天気を検索したら、晴れとのことでしたので、傘は持たないつもりでしたが、雨ではもっていかないわけにはいきません。入笠湿原は、長野県富士見町の入笠山の中腹にあります。この入笠山は、南アルプスのはずれにある2000メートル弱の山で、山ろくからゴンドラが運行されてて、1780メートルまで運んでくれます。滞在時間は3時間でしたので、入笠山登山も出来る時間ですが、今回はハイキングと言うことで、登山はしないようにと釘を刺されています。ツアーの案内にも記載されていました。

ゴンドラを降りると、八ヶ岳が見渡せます。すぐに、すずらん山野草公園があって、ここでホテイアツモリソウを見ることが出来ました。すずらんは、ドイツすずらんだそうです。ここから湿原を目指します。ルートが2つあって、行きと帰りは、別のルートを使いました。ここでは、コナシの花や、くりんそうを見ることが出来ます。鹿の食害から守るために、柵がめぐらしてあり、出入りするのに、門がしつらえてありました。天気は快晴で、暑いぐらいです。中央道の笹子トンネルを抜けてからは、快晴になっていました。南アルプスは雲がかかっていましたが、八ヶ岳はほぼ見えていました。帰りには、富士山も頂上付近ですが見ることが出来ました。久しぶりに歩きましたが、登りはこたえました、体力が落ちているを思い知らされたみたいです。でも、山の上は、気持ちがいいですね、また、どこか出かけてきたいと思っています。

今日の1枚は、ホテイアツモリソウです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 梅雨空 | トップ | 身体を休めて »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL