五行日記

健康ニュースや日常の出来事、感想、意見など。

日々の食事・食養に気を付けましょう

2017-05-26 11:43:15 | 日記(出来事、気付いた事、感じた事、)

処方せんの患者様でアトピー性皮膚炎の治療をしている患者様がいます。なかなか症状が良くならないご様子の方で辛そうです。良い薬が処方されているのに何故でしょう?  そこで、良くお話を聞いてみると、食事の傾向としてシャキットして食欲もでるので辛い品、香辛料を使うものが多く食べ続けていると言うのです。唇も渇き割れています。食養生では辛い品、香辛料の強い品、アルコール類、甘すぎる品、脂っこい品など多くとることは皮膚炎を起こしている時には炎症や痒みが増すことになりやすく、控えた方が良いのでお気を付けて下さい。
せっかく良い薬を服用していても食事などで影響をうけている時がありますから注意をしましょう。外食で濃い食事が続いたり、暴飲暴食し睡眠不足にも影響がでることがありますのでご注意ください。

もう一つ、これも実際の話でず、目の炎症・痒みを起こしている患者様が抗アレルギー剤を内服しステロイド点眼薬などを使用しているのに、全く痒みが取れないと嘆いていたので、食事情況を確認したところ、カレーライスの好きな患者さまで毎日カレーライスなどを食しているというのです。香辛料の種類も多く強い食事です。それをおやめくださいとアドバイスしたところ、西洋薬が効き炎症・痒みも治ってきました。

毎日の食事は侮れません、皆さんも充分にお気を付けてくださいね。体質というものは毎日の食事からつくられてくる傾向があり、その人の食べ物の好みがその人の体質といえる時があります。食事・食養の知識も大切かと思います。
体調を一番気にする、高いレベルのアスリート達は食事の徹底ぶりが素晴らしいと感じます。

健康は毎日の食事・食養からといえます。食養生の知識も大切かと思います。  薬膳の料理をつくってみたり、お茶を楽しむなどして生薬を楽しみながら利用してみてはいかがでしょう

 金龍堂薬膳セット  薬膳用食材

    

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 5月の疲労に注意しましょう。 | トップ | 5・6月何故か、調子が良くない方 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む