Fuu

ある日には山 ある日には畑 自然体で気分良く暮らしています。

日々を大切に生きていく。

2017-06-25 22:15:54 | 散歩
今週 とても残念なことですが 小林真央さんが亡くなりました。
ちび1のプールの支度をしながらバタバタしていたお嫁ちゃんが ニュースのテロップを見て「えっ」と言ったまま動きませんでした。
見せたくなかった。
でもいつかは分かることですから 仕方ないですけれど



お嫁ちゃんが減の告知を受けたのは一年ほど前 ちょうど小林真央さんが癌で闘病中であることを公にした日でした。
年齢もお嫁ちゃんと同じ
他人事ではないというより いつも自分のことにかぶせて考えていたようでした。
それでも 真央さんの一言一言は大きな力になっているらしく あまり取り乱すことも無く いつも前向きにこの一念を過ごしてきたように思います。

昨年まで続けていた分子標的治療薬の副作用が ネフローゼを呼び 使えなくなってしまって半年になる。
数値はひどく悪くなってしまった。
ひと月前に 息子から電話があり 「夜中におなかが痛くなり病院へ行ったのでしばらくこちらに来てほしい。」
そういわれたとき 不安に思いながらもある程度の結果を覚悟した。
はじめ 子宮に水がたまっている とか 卵巣がねじれているとか言われていたけれど 何度となく検査をした結果残念ながら転移ということだった。
ひどく悲観しているわけではないけれど 頑張っている彼女が報われないことが悔しいと思った。


タンパクもあまりでなくなったので 前の強い薬を少し弱めてまた続けることになった。
うまくいけば 転移した癌も少し弱るだろう・・・・と

こんな風に書くと 家のお嫁ちゃんはベッドに倒れこんで弱弱しい息をしている・・・・みたいに思われるかもしれないけれどありがたいことに 元気。 治療後の副作用はきついらしくて いつもため息をついたり 戻しそうなむかむかを我慢しているようだけれど 3-4日すると何とか元に戻る。
だから お出かけもするし いつも話は将来のこと
ずっと将来を見ているから 本当にうれしい。


「お母さん 人って誰でも明日のことわかりませんよね? 私は癌の告知を受けて死を意識したけれど 元気と思っていても今日脳卒中で倒れる人もいれば 事故で亡くなる人もいる。そう考えると 死ぬことを考えるのは意味がないと思うんです。 大事なことは 一日 一日を大事に大事に生きていくことですよね」
彼女の言葉です。
ありがたいし 私にもかだいを突き付けられた気がしました。
私も そう先は長くないかもしれないけれど 一生懸命生きていきます。
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

天下分け目の戦いを感じる歴史ウォーク Ⅱ

2017-06-03 21:20:10 | 散歩
田植えを終えた田んぼの中を島津義弘の陣跡へ向かいます。
関ヶ原の合戦があったのは9月15日
稲穂が頭を垂れ取り入れを迎えていた時期だったに違いありません。

島津義弘の陣跡
不動の島津 と言われました。
再三の賛成要請を拒否したからです。これにはわけがあります。
島津家にはたくさんの遺恨がありました。
会津征伐の際伏見城への入場を拒否され孤立してしまったこと
石田三成が島津のわずかな手勢を見て存在を軽視したこと 作戦会議で義弘が主張した夜襲策が採用されなかったこと そして最後には馬から降りないで救済を依頼したこと・・・・
を経て 石田三成のために戦う気が失せてしまったということでした。
どこまで史実かはわかりませんが 島津義弘は敵中突破をしながら敗退の道を選んだのでした。


北国街道や中山道を抑えられていたので伊勢道に逃げ この川をたどればいつか合流できるを合言葉に逃げて行ったことはすごいことです。
300人ほどしかいなかった島津隊は80人ほどしか祖国には戻れなかったという。
それでもお殿様のために身代わりになって死んだ者や過酷な逃避行をみんなで成し遂げたことは感動ものです。
その後鹿児島県日置市では関ヶ原戦跡踏破隊が組織され昭和35年から毎年夏休みを利用してその退路を辿る活動がお行われています。
郷土の先輩たちに負けないような立派な大人になりたいと自戒の念を込めての活動をしていることに驚きを感じました。
リーダーのために頑張りたい  そんな思いの強い島津隊はその時点で三成に勝っていたのかもしれません。



開戦地跡です。
9月15日朝8時頃 霧が晴れて松平・井伊隊が動きます。
先鋒隊の福島正則を無視して発砲したものですから面子をつぶされた福島正則は激怒 宇喜多隊に向かって一斉射撃です。

関ヶ原の戦いは井伊に始まって井伊に終わったといわれる一つのわけでしょう。

宇喜多秀家の陣跡に向かいます。
その前に 土塁の遺構です。 
ちょっと盛り土してあるだけのように見えますが 一年に10センチほど削れてしまうことを考えると 大戦から400年以上たっていますから 当時はかなり高いものだったと思えます。
これなら銃撃をかわせるかもしれません。




これはわかりにくいかもしれません。右上から手前に そこから左に向かって つまり直角にへこんだところが分かります。 明らかに人工物 側溝が作られていたようですが


宇喜多秀家の陣跡です。
うっそうとした天満神社の境内です。1万7千人が入ったというには狭いように感じますが
小早川の裏切りによって総崩れとなった宇喜多軍は伊吹山山中に逃げ込みそのご島津家を頼って鹿児島まで落ち延びる。
八丈島にて島流しとされたけれど長生きしたとのこと
亡くなるとき自分の人生をどのように振り返ったのでしょうか?

近くに不破の関の遺構もあります。北限土塁跡です。 
壬申の乱の翌年に作られたという関ですが 鈴鹿の関 愛発の関に並んで三関と言われ治安維持のために東国と近畿への人の移動を監視します。


ただの盛り土のように見えますが 当時は何メートルもあって物見台もついていたそうです。
長さも東西460メートルあるそうで当時としては大きな壁だったのかもしれません。

近くに資料館がありますが 今回はパスです。

東首塚に行きます。
関ヶ原には西首塚と東首坂があります。 関ヶ原の合戦で命を落とした人々を弔うために作った場所です。



関ヶ原の合戦のころ 人口は900人ほどだった。
戦に借り出されて一緒に戦ったのかと思ったら 三か所に分かれて山の中に隠れていたとか
戦争が終わって 稲刈り間近の田圃は荒らされひどいことになっていてもすぐには出てこなかったそうですが 出てきてからの衝撃はなかったようです。
累々と横たわる屍を鳥たちが群がってつついている。
その姿を見て農民たちは「鳥たちがその魂を国へ運んでくれるんだ」と考えたそうですが胸が詰まる話です。
関ヶ原の合戦の後始末の一つとして累々と横たわる屍をこの地と西首塚に運び弔いました。
井伊で終わったといわれる戦後の後始末はこうして平安の世を作っていく礎になったようです。
石田三成がなぜ負けたのか? 井伊直政の誘いに乗って三成のもとをたくさんの人が離れていったのはなぜだったのか

島津隊に代表されるように リーダーはあこがれられる人でなくてはならない。 
力ではなく 知性 それも品のある知性が必要だった・・・と言われたガイドさんの言葉が心に残ります。
今の自分は今までの積み重ねの結果なのだ・・・という言葉も胸にしみました。

今回の歴史ウォーク まだ半分もまわっていません。
また続きを回りたいと思いました。





コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

天下分け目の戦いを感じる歴史ウォーク Ⅰ

2017-06-02 21:50:12 | まち歩き
所属している会の初めての企画です。 毎回関ヶ原周辺を舞台に自然観察会を行っているわけですが 気になっていました。 
駅を降りると否応なく史跡を案内する標識が目につきます。 特に近年関ヶ原町は歴史ウォークに力を入れているようで ボランティアガイドも頼めるとか
それなら一度しっかり歩いてどんなふうに歴史が動いたのかその場に立って感じてみたい・・・そんな思いからの企画です。

とても良い天気に恵まれました。(暑くてたまらんということですけれどね)
天下分け目の戦いは9月15日ですから ちょっと季節が違います。
感じ方に影響はあるでしょうか?

ガイドに地元の吉沢 広幸氏を頼みます。
まず関ヶ原町の歴史博物館に向かいます。
壁画に描かれている 関ヶ原合戦屏風図を見て概要をつかみます。

時間の経過を無視してそれぞれの合戦の場面を描いてあります。ドラマが満載の屏風図です。知らないで見ていると確かに大戦です。
またこの屏風図は井伊家がお金を出して描かせているので赤揃えが目立っています。
場面場面を歩きながら辿っていくことにします。

関ヶ原は古来から交通の要衝です。交差点になっている場所は中山道 伊勢道 北国街道が交差しています。かなり昔から歴史を見つめてきた場所なのです。
今回天下分け目の戦いを見て歩くのですが 壬申の乱 日本武尊などの史跡と言われる場所にも遭遇します。
天下分け目の戦いの時間を追って歩くわけにいきませんでしたので 何度も確認しながら歩きます。


資料館の横は陣馬野公園 徳川家康最後の陣跡です。 初めに関ヶ原の入り口桃配山に陣を取っていた家康はここに来て松尾山の小早川秀秋に向けて発砲をしました。

石田三成の笹尾山や松尾山からとても良く見える場所です。

ちなみに桃配山の名前の由来は壬申の乱に由来します。 この山に陣取った大海人皇子に村人が桃を配ったことにから名前がついたそうです。 
この場合の桃はヤマモモですが悪を退散させるといういわれもあり縁起のいい名前です。
三成がこの山のことを知っていたら 戦況は変わっていたのでしょうか?


床几場
ここで首実検をしたのだとか。
関ヶ原戦勝ののち竹中家に命じてここを整備させて 一つの聖地にしたそうで参勤交代の折は中山道からここまで入って一礼してからさきを急いだそうです。
そのころには徳川家康は大権現様ですからね。


電柱にはこんな風にたくさんの武将の名前が紹介されています。 見ているだけでも楽しいです。


左手前の小高い山が笹尾山です。石田三成の陣があったところです。
名前の通り笹野生い茂る山だったそうです。
今では整備されて 幟も立っています。


田圃を挟んで向こうに見える山が松尾山です。小早川秀秋がここでじっとしていました。
私たちは陣を張るということは山の中にひっそりと息を殺してその時を待つのだと思い違いをしていましたが 実際は山頂の木をすべて切り倒し 平地にしてしまうのだそうです。
そうしないと火をつけられたら大変なことになる。
盆地にも山にも兵士がいっぱいという様子を想像すると怖いですね。


笹尾山ふもとにある決戦地
実際にはもう少し畑の中だったそうですが 区画整理で邪魔になったのでここへ移したそうです。
総兵力では優勢にあった西軍でしたが 南宮山に陣取る毛利秀元は東軍にひそかにつながっている吉川広家に進路をふさがれ 安国寺恵瓊らも動くことができない。
そんな中での小早川秀秋の裏切りは西軍が総崩れになるきっかけを作り 何日もかかると言われた天下分け目の戦いも半日ほどで決着を見たのです。


馬防柵です。
鉄砲隊がここから迫りくる敵を狙うわけですが 当時の鉄砲は120メートルほどしか飛ばなくて 飛んでもどこへ行くのかよくわからない。 
20メートルほど近づかないと効果がなかったそうです。それも3割ほど・・・ 効率の悪さのびっくりしました。
それでも当たれば破壊力はすごい。
怖い武器だったのでしょう。


関ヶ原のボランティアさんでしょうか?
大砲を打ってくれます。
ずどんと盆地に響く音はなかなかのもので私も持っているカメラを落としそうに震え上がりました。
こんな音があちこちでしていたら やっぱ震え上がります。
田圃に群がる鳥を追い払う効果もあるようでした。


きっと石田三成も見たであろう景色は 右手前に天満山 奥には松尾山 左奥には南宮山が見えます。 
その麓にあたるところに桃配山が見えます。天下分け目の戦いの舞台です。

ここには石田三成に忠義を誓う島左近の陣跡もあります。

しばしここで起きたドラマを想像しながらお昼休憩です。

この後下に降りて松尾山の方向に向かいます。






コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

あろうことか 二度も行ったお伊勢さん菓子博

2017-05-30 21:01:10 | 旅行記
今更書くことでもなさそうだけれど 遅れているのはいつものことだから 日記代わりに

「お伊勢さん菓子博で赤福は復刻版を出すんだって・・・楽しみだなぁ」と息子とお嫁ちゃんが話していた。
赤福は彼らが大好きなお菓子で 朔日餅を求めて何時間も並んだこともある。(私も)

そんなおいしそうなものが手にはいるなら 私も行かなきゃ・・・・・
と亭主に チケットを買ってきてもらった。

5月に入ったら一緒に行こうね  と思っていた時に息子から「しまかぜに乗って行こう」と誘われ 結局二度行くことになってしまった。
消極的な書き方をするね。
実は少々ぷんぷんで帰ったのである。 

前から並ぶことは分かっていたし しまかぜに乗ることを選択した時点で赤福の引換券は無理かもしれないと思っていた。
しかーし 開門を速めて30分後にはもうなかったという。
え~~? 遠くから来た人もあるだろうにそんな扱いで良いのか?
しかも引換券をもらってもなおかつ 引き換えるまでに1時間も並ぶとは・・・・・
他人事ながら気の毒にを通り越して 腹立たしい。

横目に見ながらやはり1時間ほど並んで手に入れた赤福氷とパフェ
ま 美味しいのは当たり前ですけれどね 赤福氷ですから パフェも有名菓子舗が一品ずつ持ち寄ってパフェに乗せたみたいな商品ですからおいしいはずです。
ちびがとても甘党なのに気づきました。
将来力士まっしぐらです。




食事しようにも椅子がほとんどなく草むらに座ってモクモクのぐるぐるウィンナを食べるのがいっぱいいっぱい。
当然ちび達には楽しくもなんともない。
「おうちに帰りたい」を連発
結局 何処へ行っても並ばないといけないので かえろ・・・となり 私は入口の全国のお菓子を売っているブースで並ぶことにした。
ちび達は 展示品を見て時間をつぶすという。

ちなみに「まるで旅行気分 全国お菓子夢の市」と題打った売り場は入るのに一時間待ち レジで20分待ち 売り切ればかり
はぁ~~  
あまり悪口を書かないようにしようと決めているけれど 何だかなぁ・・・・といわざるを得ない。

そんな風だったから二度目行きたくなくて
しかし亭主に悪いと 重い腰を上げたのが 終幕一日前
朝から暴風雨のような激しい雨
どれだけ見放されているんや

雨降りだし こんな日に来る物好きはいないやろ きっと空いている・・・・
その思惑は見事に外れてたくさんの人でしたけれど いいことも
例の赤福は たくさんの苦情が寄せられたらしく改善
入口で チケットのもぎりの後に抽選券を配られた。
これをめくるとすぐに買えるかどうかがわかる。
私は 私らしくはずれでしたが 亭主が復刻版赤福を買う権利をゲット
やれやれ これでやっと息子たちに食べさせることができます。
そしてあんなに並んでいた商品交換もスムーズに行われ いったいあれは何だったんだろう?って思う。
土砂降りの中 テントもないのでご飯屋さんは閑古鳥
私も土砂降りの中立ってご飯食べる元気はありません。

この間並び屋さんに名手見られなかったアリーナだけ覗いてみますか?お菓子で作った花や 鳥 行事などが並んでいる。
見事です。


こういう繊細な造形物はお干菓子の雲平が多いのでしょうね?

羊羹で作った尾形光琳の屏風もあります。
重そう・・・・何人分くらいあるのかしら? こういう風にしゃっている羊羹が好き。

愛知県のお祭り 鳥羽の火祭りがお菓子で表現されていました。ネコさんが少し大きいけれどあの火祭りの様子が見事に表現されています。


鳥さんもとてもきれいです。毛先まで表現されていて 生きているようです。


洋菓子店の出品は飴細工です。
きらきら光ってきれい。

こんなのもあります。 マジパンでしょうか?
わが町のお菓子屋さんも二店も出品していました。
そんなに大きなお菓子屋さんではないけれど いつもこんな風に腕を磨いていらっしゃると思ったらなんだかうれしい。






お伊勢参りの様子です。
いろんな表情があって楽しいです。
このブースは 今日の大きな収穫でした。


「かえろ 赤福買えたから 一応目的果たしたし」
と 全国のお菓子を買える場所にまた並ぶ。
舅 姑にお土産を買わないとね
また45分並ぶって書いてありますよ
それでも 大分改善をされたらしく案外待たなかったし レジも30台ほど用意されスムーズ。 もっと早くに気付いていたら みんなに苦情を寄せられることも無かったでしょうにね。


ちなみに手に入れた赤福はこれです。
何も変わらないって? 黒砂糖で作ってあるので 少々餡の色が濃いです。 
包装紙も 色が違います。
味も濃いです。 




食事もとり損ねて五十鈴川駅の傍らにあるカフェでお茶しました。
緑の美しいカフェで前から気になっていました。
ケーキがおいしかった。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

五色の滝で奥伊吹の特製弁当を味わい 諏訪神社で春の名残の花たちに会う

2017-05-16 22:51:45 | 山歩き
私たちは、本会発行の「伊吹山を知る優しい地学の本」「伊吹山を知る優しい生き物学の本」「伊吹山を知るやさしい山とひと学の本」の三部作で伊吹山を取り巻く環境を学んできました。
 今回の観察会はその中でも山と人との関わる自然と人々の暮らしが感じられる観察会。たとえば、五色の滝の沢沿いには昔の石工が花崗岩(御影石)を活用した「石臼」の石切現場とその加工跡が見られます。そして今回最大の楽しみは、奥伊吹甲津原の漬物加工センター婦人部が作る山菜弁当です。昨年も大人気だったので五色の滝の飛沫を水音を聞きながら味わう観察会と企てました.

ダムの堰堤を超えたところに車を停め、林道を歩きます。今年は、繰り返す寒の戻りで、花の開花時期を予想することが難しく出たとこ勝負になりそうです。反対に予想外の植物を見ることができるという楽しみもあります。
さぁ~、出発です。

ダンコウバイとシロモジとクロモジが同時にみられる場所があります。ダンコウバイとシロモジは葉の形が似ています。シロモジとクロモジは名前が似ていますが、それぞれ特徴があり,比較して確認するのは勉強になります。



林道を登る中程で「あっ 春蘭や!」との声。毎年確認できる谷側斜面です。今年も小粋な姿を見せてくれました。滑り落ちないように斜面に張り付いての撮影します。


目を上げれば山笑う。
カスミザクラの花も少し残り、パステルカラーから美しく表情豊かな新緑の色に変わりつつあります。
 山の表情はどれだけ見ていても飽きません。


五色の滝の入り口にやってきました。
ここからいよいよ山の中に入っていきます。
登山道に入ると深い山を感じます。
明るい登山道



目にも鮮やかなシロモジの葉
下のほうから聞こえてくる滝の轟音
気持ちが高揚します。
どんな草木がみられるかな?
下のほうばかり見て登ります。







やはり、今年は雪解けが遅く、
カタクリもチゴユリ(稚児百合)も みんなまだ赤ちゃん。
やわらかそうで美しい色をした葉っぱです

カタクリの一葉。
花咲くにはまだ何年もかかりそうですね?
直下から滝の音が聞こえてきます。登山道は、稜線をトラバースして下へ降りるようになっています。
ヤブレガサの群生があり、花芽をつけているものもあります。てんぷらにしたらおいしそうですね?

ヤマネコノメソウは黄色い大きな花のようです。

ツルシロガネソウは石切り場跡の河畔にいつも咲いているので楽しみにしていました。今年もあえました



さて、甲津原のお母さんたちが心を込めて作ってくださったお弁当をいただきましょう。
「奥伊吹を訪れてくださる方々にこの地ならではの食文化を介して地域資源を見直し、環境に優しい行動の一端をご紹介したいと山菜弁当を作っています。」と書かれています。
伊吹山を取り巻く人々の暮らしが感じられるお弁当です。
三段に詰められています。
炊き込みご飯(むかごがいっぱい)、イワナの塩焼き、てんぷら(こごみ・ぜんまい・かぼちゃ等)、山蕗の炒め煮、山椒の葉っぱの佃煮、煮豆、伊吹ハム、おからコロッケ、わらび、大根の漬物、みょうがの酢漬け・・・・。数えきれないほどのごちそうが詰まっていました。
伊吹山の恵みを地元の人々がレシピも含めて大事に大事に守ってきた結果です。ありがたいことです。


 


おなかも満足してしばし水の音を聞きながら休憩です。さわやかな風が流れていきます。ここで会員さんからクロモジ茶の振る舞いがありました。さわやかな香りが口いっぱいに広がります。名残惜しいですが来た道を戻ります。

 諏訪神社に咲く春の名残たちにも会いに行かなくてはいけません。


今年は、例年より雪解けが遅く、五色の滝真下の渓流の水かさは増しています。予め用意したアルミ梯子を架けたものの、登山靴の中に水が入り込んだ人も多く、裸足で渡った人は、痛むような水の冷たさに驚いていました。


 五色の滝に引き戻り下山する。写真の石積みは、石工たちが花崗岩(御影石)を加工した石臼です。この石積みは奈良朝時代から昭和中期まで延々と継承されきた自然の恵みとして、人の暮らしの中で産まれた貴重な遺産といっていいでしょう。


諏訪神社は上板並の集落の手前姉川を渡ったキャンプ場の奥にあります。あまり人の訪れることがないような神社ですが見事な乳銀杏があります。武田信玄の乳母の実家という縁で信州の諏訪神社から分神されてその記念に植えられた銀杏だそうです。
そこへ行く途中の林道から参道にたくさんの植物がみられます。今年はどうでしょうか?



日差しをたっぷり浴びてキランソウ(↑)は地獄の釜の蓋の別名通り地中に張り付いています。






ミツバアケビはびっくりするほどたくさん畦道を這っています。


カキドオシがいっぱい。サラダにすると美味しいと言われ齧ってみましたが青い味がするだけで美味しいとは・・・・

ミヤマハコベうさぎさんの顔のような二つに分かれた花弁が5 枚くっついて円卓会議をしているようです。

オドリコソウは白とピンクがそろっています。佐渡おけさを群舞しているような姿が面白い。この参道のイカリソウはとても良い姿で残っています。イチリンソウが残っていました。とても大きな花でびっくりです。

レンプクソウが咲いています。
地味な花ですがフクジュソウ(福寿草)と連なって咲くと思われたことから名づけられたと聞き、面白いと思いました。

 小川に架かる橋を越えて登ると諏訪神社です。
見事な銀杏です。幹回り6.9 メートル樹高33 メートル樹齢400年以上大きな乳根がいっぱい下がっています。


時間が無くなって長尾寺まで行けませんでした。みんなの中に道の駅旬菜の森に行きたいという気持ちがあります。
そんなに大きくない道の駅ですが伊吹山麓に住む人々に脈々と受け継がれてきた食文化を感じることができる場所です。
天候に恵まれいろんな意味で自然からの贈り物をいただきありがたい一日になりました。感謝です。

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加