マーちゃんの数独日記

かっては数独解説。今はつれづれに旅行記や日常雑記など。

朋あり近方(?)より来たる また楽しからずや

2017年06月18日 | 身辺雑記

 荒川5中で知り合った3人が、久し振りの再会の時を持てた。昨日の午後、朝倉さんと大島さんが我が家に見えられ、長い時間語り合い、一献傾け、楽しいひと時を過ごした。
 朝倉さんはさいたま市在住ながら、我が家から徒歩20分くらいの私立高校に勤務されている。大島さんは我が家の直ぐそばに住み、今年から文京区の公立中学に転勤された。3人は、いつばったり出会っても不思議はない生活圏を共有してはいる。しかし、大島さんは子育て真っ最中でしかも多忙を極める中学校教員。朝倉さんは勤務後、夜間の大学院への週3日通学の夜学生。3人が会える時はなかなか巡ってはこなかった。
 ふと、土曜日に我が家にお出で頂くことにすれば会い易いのではと思った。土曜日の午後なら、大島さんは子供さん連れでお出でになることが可能だし、土曜勤務のある朝倉さんは帰りがけに我が家に立ち寄ればよい。 
 妻が617日(土)から教え子と1泊の旅行に出掛けると知って、4人で会うのも良いが、3人で話し込めるこの日がベストかなと考えた。思い立ったが吉日とか。お声を掛けるとお二人とも都合が付くとのことで、昨日の再会となった。
 実は食べきれないほどの肴が重なってしまった。お二人は我が家へ来る前にピーコックで合流し、吟醸酒・ワインの他に多くのツマミを用意してくれた。私は吉池で刺身を大量に買い込んでいた。妻はお客さんへと、前日にミートローフを調理し、味付け卵とビワ寒天も用意してくれた。それぞれの気配りのオーバーラップ。日本酒党の3人に吟醸酒2本+ワインは適度だったかも知れないが、食べ物の方は・・・。
 大島さんは娘さんを連れて見えられたが、暫くして夫さんが見えられ連れて帰られ、イクメンへ。


       
        (我が家特製の味付け卵)

 適度の酔いの時に、屋上へと案内した。ここからの眺めも御馳走の一つ。この日、好天ながら富士山は見えなかったが、筑波山は微かに遠望できた。私が、やや酔いがが回ったときにも再度屋上へ。
 
お二人が帰られたのは日没となってからと記憶しているから、夜7時近くだったろう。学校のこと、図書館のこと、本のこと、美味しいお店のこと等々話題はあちらこちらへと飛び、5時間もお喋りをしてしまった。こころ配りが深く、今を精一杯活躍しているお二人の人柄が好感度抜群。私としては、現役の、しかも若い女性との一献は、それだけで元気の素を貰っているようなもので、有り難い限りだ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「共謀罪」法案、強行採決される | トップ | 連勝はどこまで続くのか »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む