煌めく星の向こうへ

宝塚ファンで育ったどらっとですが、半世紀を生きたおばちゃんになって、新たなジャンルに心ときめき、心はいつも星の向こうへ。

ノーマンと有頂天家族①

2017年05月19日 20時02分00秒 | 走るアラフォーな方達
プラネタリウムは駄目かと思って行くのを諦めていた
プラネタリウム満天『ノーマン・ザ・スノーマン~流れ星のふる夜に~』
と、
ちょっと行って見たかった『有頂天家族カフェ』に行って来ました。

上映を知ってから、この半年と少し…。
行けるかなぁ~
無理かなぁ~
大丈夫かなぁ~
誰か同行者を探したほうがいいのかなぁ…。

と、散々ぱら悩んでまして…。
悩んでても仕方ない、ってのも、
時は待っててくれない、ってのも、
今、当たり前の事が、明日は当たり前じゃなくなるかもしれない、ってのも。

み~んな分かっていながら、行く勇気がなかった。


色々なイベントがあって、
まだまだ知らない、分からない部分が多いけど、
どらっとは、今の吉野さんの活動がずっと同じように続いて行く事はないんじゃないかな?って思うんですよ。
だって、日々進化して行くでしょう?
きっとどんどん、新しい道を進んで行かれると思うんですよ。
だから、きっと、どんどん置いて行かれちゃう…(ノ_<。)

吉野さんがご出演している過去のアニメも最近見るようになりましたが、若い時は若い時の魅力があるけど、自分は、やっぱりここ4,5年の演技が好きだなぁ~って思うんですね。
記録に残る作品はいつでも視る事は出来るけど、
特にこうゆう特殊な作品は記憶に残しておくしかないじゃないですか?
だから、やっぱり視ておきたかった~!んです!

…で、いよいよもう上映終了まで後数日になって、意を決して行って来ました!
荒波に背中押してもらったしね(笑)!


サインがまだ飾ってあって…嬉しい(σ≧▽≦)σ…梶さんの方、写真ちょっと切れちゃったよ( 。゚Д゚。)



ほんとに、色々自分が駄目ダメで…もうここには書けませんが、会場のスタッフさん、本当にありがとうございましたm(_ _)m
お陰様で、最後までなんとか観賞出来ました。ペコリ。



作品の内容は今さら自分ごときが語る事ではありませんが、事前に撮影工程中の映像とか拝見してましたので、
ただただ、すげ~( ̄□ ̄;)!!…って関心するばかり。



雪だるまって、ああやって歩くのかぁ~かわゆい、かわゆい~(*ノ▽ノ)
気球の青年(梶裕貴さん)が登場する辺りがメインになるのかな?
ただただ、凄~い~まじ!って言葉しかないですわ。
本当に素晴らしかった。

ああゆう大きな所で聴く吉野さんの声…はじめての経験でしたし、おばちゃん、感無量~
いつか映画館へも行くぞ!

前回の作品作成の様子。凄いの本当に。こっちも視たかったな。
YouTubeです。⬇
"ノーマン・ザ・スノーマン Making Movie" を YouTube で見る



今回の流れ星のふる夜に
"「ノーマン・ザ・スノーマン ~流れ星のふる夜に~」メイキング" を YouTube で見る



カフェの話に続く。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 荒波に向き合ってみた | トップ | ノーマンと有頂天家族② »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む