群馬独峰会活動日記

写真付きで活動報告や会員募集を行っていきます!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2017.9.30 米子沢

2017年10月03日 22時40分00秒 | 山行記

季節は既に秋ですが、米子沢遡行報告です。

秋らしい爽やかな天気に恵まれ、また水量が比較的多く充実した遡行を

楽しむことができました。シーズン終盤ですが我々含め4パーティー、、

さすが人気の沢です。 金井 菅家

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

滝谷第四尾根 2017.08.13

2017年08月17日 10時00分16秒 | 山行記

3日目は滝谷では最も長いと言われる第四尾根。松濤岩のコルからC沢左俣を下ること1時間。途中谷が狭くなるところがあり、自然落石に注意しながら懸垂下降も交えて下ります。
この日、第四尾根を登っていたのは我々含め2パーティーのみ。別パーティーは滝谷を下から詰めて第四尾根に取り付いていました。ということでC沢下降は我々のみ。前日のB沢もそうですが、人が入っていないですね…。ドーム中央稜は結構登られているようですが、第三尾根から取り付く人は少ないようです。

C沢左俣

二俣から踏み跡をたどり、50mで第四尾根上へ。

先行パーティーが見えます。彼らの2m下まで登ってロープを結ぶ。

C沢右俣から第三尾根へと続く赤褐色のスラブ状ルンゼ。対岸から見ると結構急ですが、Ⅲ級とのこと。

2ピッチ目のAカンテ

3ピッチ目のBカンテ。快適でした!

4ピッチ目のリッジ

Cカンテを前に小休止。→この後、大休止に変更となる…。

小休止後、松田さんがトップでCカンテを登り、確保体制を整えたところで先行パーティーのトップが凹角で墜落…。スタンスが崩れたとのことでしたが、カムがバッチリ効いていて大墜落は避けられました。ヘリが近づいてきたので救助要請したのかと思っていたら、遠ざかっていきます。携帯を見ると圏外でした。打撲で済んだのが不幸中の幸いでしたが、骨折でもしていたらと思うとゾッとします。

先に行ってくれとのことで、4人の視線を受けて石橋が慎重に凹角を進む。いやー、緊張しました…。

Cカンテ先の凹角。山頂はツルムの頭。

Dカンテは松田さんにお願いしました。

Dカンテ、本ルートの核心部。もちろんA0(笑)!せっかく持っていったのでアブミも使用しました(苦笑)。

Dカンテ先の終了点より。

上には縦走者の姿も。ザイルを解き、北穂~涸沢岳間の縦走路に合流しました。

縦走路よりツルムの頭を望遠。先行パーティ→後続パーティーも順調に歩を進めているようで一安心。しかし、彼らの帰幕は22時を過ぎていました…。お疲れ様でした!

前日のクラック尾根よりははるかに快適でしたが、全体的に岩が脆かったように思います。安定しているカンテ以外は細心の注意が必要なルートでした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

滝谷クラック尾根 2017.08.12

2017年08月16日 18時47分44秒 | 山行記

平成29年8月11日~14日の4日間、松田さんと石橋で念願の滝谷クライミングに行ってきました。出発前は天候があまり芳しくない予報でしたが、4日間とも雨に降られることなく快適?な登攀を楽しんできました。当初の予定では、クラック尾根、4尾根、3尾根+ドーム中央稜の3本を計画していましたが、体調その他の事情によりクラック尾根と4尾根を登って予定より1日早く下山しました。

山の日の涸沢テント場。初日はここまで。

2日目に北穂南稜を登り、テントを設営してからクラック尾根の登攀に出かけました。

北穂高小屋から大キレット方面に下り、ここからB沢に入ります。我々以外には入っていなかったこともありますが、言われているほど悪くは感じませんでした。

B沢には下降支点もありましたが、懸垂することなく(全てクライムダウン可)、フィックスロープのあるバンド崩壊地点まで。この後はフィックス伝いに登って、一度懸垂下降(20m)し、さらに凹角を詰めて取り付きを目指します。正面のクラックが取り付きかと思いましたが、右に回り込んだところが取り付きでした。ポロリと抜けたハーケンを打ち直し、1本打ち足して(後に回収)支点を構築。

1ピッチ目の松田さん。

3ピッチ目、旧メガネのコルまで。

4ピッチ目。メガネのコルを見下ろす。

ジャンケンクラックは左を登りました。

最終ピッチ下の凹角。

最終ピッチではルートを外したのでしょうか、とてもⅢ級ではありませんでした…。

ガレガレのB沢下降は「まぁこんなもんかな」程度にしか感じませんでしたが、ルート自体がグズグズであまり快適な登攀とは言えません。「もう一回登る?」と聞かれたら、「遠慮します」と答えるでしょう(笑)!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

谷川岳一ノ倉沢中央カンテ 2017.06.24

2017年06月27日 17時45分37秒 | 山行記

平成29年6月24日、境町山の会の渡邉さんと谷川岳一ノ倉沢烏帽子沢奥壁中央カンテに行ってきました。非常におもしろく、シビレ、そして痒かった・・・。(石橋記)

私では核心ピッチのリードは無理なルート。フォローにもかかわらず最初からフリーはあきらめてA1で何とか突破しましたが、上からアブミが回収不能となってしまい、後続パーティーの人にお世話になってしまいました(笑)!

まだまだ雪渓はたっぷり残っています。

1ピッチ目はトラバースから。

剥製が置いてありました。

2ピッチ目。偶数ピッチはほんとに快適(笑)!

隣の凹状パーティー

4ピッチ目。傾斜は増しますが、あくまでもⅣ級。

5ピッチ目。チムニーのⅤ-までならギリギリ楽しめます(笑)。

6ピッチ目。

核心以降は写真を撮る余裕もなく、最終ピッチの烏帽子岩。

このあとも少しルートを延ばしましたが、濡れた逆層ルンゼのトラバースと草付きに心折れ、懸垂岩のコルまで行かずに降りてきてしまいました。

奥壁全景

登攀自体はとても楽しかったのですが、ブヨをなめてました。これまでそれほど噛まれた経験がなかったのに、今回は両腕に40カ所以上喰われてしまいました。しばらく蟲がトラウマになりそうです・・・。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

榛名黒岩 2017.05.14

2017年05月15日 10時31分44秒 | 山行記

平成29年5月14日(日)、雨ニモ負ケズ、榛名黒岩でアブミのトレーニングをやってきました。

雨の日でもやることはあるんです!

 

宙づりからの登り返し

コメント
この記事をはてなブックマークに追加